メタル・カテゴリー閉じる
マイナーメタル  

 グラフ


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

月平均値(仲値)


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

金属ゲルマニウム(99.99% china)のデータについて

写真軍事用から太陽電池まで広い用途
 金属と非金属との中間に位置しています。半導体としての特性があり20世紀に入ってから商業生産されるようになりました。需要が一気に拡大したのは、1948年に米国のベル・テレフォン研究所がゲルマニウムトランジスタを発明してからで、特に軍事用の電子機器向け材料として注目を集めました。半導体としては温度特性が勝るケイ素に置き換わっていますが、PET樹脂用重合触媒、光ファイバー用添加剤、ダイオード、赤外線感知機器、太陽電池用の単結晶など幅広く利用されています。また、ゲルマニウム温浴など健康産業分野でもよく聞かれますが、ゲルマニウムを使った健康食品を含め、効能については様々な見方があります。

関連記事