メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/07/13   廃プラ輸出Repo...
2020/07/13   米国および中国、ト...
2020/07/13   中国鉄鋼需給(7月...
2020/07/13   鉄鉱石・石炭の契約...
2020/07/13   先週の中国内電極価...
2020/07/13   国連事務総長、クリ...
2020/07/13   企業動向#273 ...
2020/07/13   企業動向#272 ...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/13   今週(7/13~)...
2020/07/11   MARKET TA...
2020/07/11   欧州からの風#93...
2020/07/11   不二サッシ:財務報...
2020/07/11   10日の中国鋼材ス...
2020/07/10   中国 6月の自動車...
2020/07/10   DRコンゴRCS ...
2020/07/10   「スマートシティ」...
2020/07/10   2020年半導体市...

E-Scrap ASIA市場に異変 香港市場機能停止状態

2017.01.31 09:43

写真 かねてよりE-Scrapのフリーポート的な位置づけであった香港ルートが入れる(輸入)のも出す(輸出)のも困難になってきた、という話を聞いていたが、昨年12月からいよいよ香港はE-Scrapの輸入を止め、輸出もライセンス無しでは出せないということで香港という巨大なE-Scrapターミナルマーケットは機能停止状態に陥っている。

 

 そもそもが香港はE-Scrapの輸入を禁止している。

 その規則を厳格化したに過ぎないのだが、今回はいくら袖の下を積んでも香港の港にはE-Scrapはあげられなくなっているという。ただし、パソコンなどの原型をとどめた中古家電系のもの(リユース用)は輸入を受け入れているようだ。

 

 しかしながら香港は先述したようにE-Scrapの巨大市場であったため、その影響は甚大。東南アジアで香港に流れていた玉が浮遊している状況だという。

 

 E-Scrapトレーダーは言う

 「東南アジアでは売り先のないE-Scrapが市場をさまよっている。この浮遊玉がE-Scrap購入意欲旺盛の日本市場に向かってくる可能性はある」という。

 

 E-Scrapの輸入は原則禁止であるため致し方ない部分はあるにしても、香港から出せないとは異常事態。先のトレーダーによると、香港からE-Scrapを出すには輸出ライセンスが必要になった、とのことだが、この輸出ライセンスをもっている香港の業者は1社もない。またどういう要件でライセンスが取得できるのかも1月末現在では明確になっていない。

 

 一説には香港で最大手の家電リサイクル業者が政府に働きかけて「超保護主義」的に輸出入を止めている、ともいわれている。ここが一番に輸出ライセンスをとる可能性がある、ともささやかれている。

 

 昨年、日本は香港から年間1万5000トンのE-Scrapを輸入している。

→(関連記事) 2016年暦年のE-Scrap輸入は過去最高の15万トン超え

 

 米国、オランダに次いで第3位だが、バーゼル承認が必要な国から1万5000トンという輸入量は、逆にいうといかに香港にモノが集まっていたかを証明している。

 

 日本が輸入する場合、バーゼル法で申請したE-Scrapの輸入枠が残っている間は香港から輸入できる。例えば今年の3月まで輸入申請枠があれば、3月末までは輸入が可能。4月以降は先の香港側の輸出ライセンス如何の問題が出てくる。香港から輸入する場合は輸出ライセンスをもっている業者からしか買えなくなるのだが、前述したように今現在ではどこもライセンスを保有している香港シッパーはいない。

 

 しかし仮にバーゼルの枠が残っていたとしても、香港はあくまでターミナルマーケット。先のマレーシアはじめ東南アジアや欧米からE-Scrapが入ってきて、そこから日本に流れてきていた。入ってくる玉が止まればおのずと香港から出荷できる量も限られてくる。つまり現在は香港を介した循環が止まっており、一種の動脈硬化状態になっている。

 

 すでに影響はそこかしこで出ている。

 

 マレーシアで最大手のE-Scrapプロセッサーはマレーシアで回収したE-Scrapを香港に運び、香港の系列子会社で破砕を行い、毎月200トンほどのE-Scrapを香港から日本はじめ海外の非鉄製錬所に販売していたのだが、香港側がE-Scrapの輸入を完全に止めているため、マレーシアで滞留しているという。

 

 

(IRUNIVERSE Y.Tanamachi)

 

 

関連記事