メタル・カテゴリー閉じる
銅  

 グラフ


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

月平均値(市中実勢)


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

真鍮セパのデータについて

写真新切の真鍮は、真鍮セパとも呼ばれ、主に銅(65%)と亜鉛(35%)から成り立っています。融合性に富む銅は合金をつくりやすいため、その種類も非常に豊富で、黄銅(銅、亜鉛)、青銅(銅、錫)、リン青銅(銅、錫、リン)洋白(銅、亜鉛、ニッケル)アルミニウム青銅(銅、亜鉛アルミニウム)などが特に重要。また銅率の低い銅60%、亜鉛40%のものは、コーペルと呼ばれています。
 銅と同じように伸延性、圧延性、耐食性に優れ電子部品として、多く再生利用されると共に、他の金属と融合することにより、加工性を高め、日用品や工芸品としても多く再生利用されており、主なリサイクルとしては電子部品や日用品、5円玉などがあります。
 

関連記事