メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2019/11/13   メキシコの亜鉛プロ...
2019/11/13   ペットボトルで紡ぐ...
2019/11/13   中国 鉄鉱石輸入価...
2019/11/13   三菱伸銅 キッツと...
2019/11/13   Zinc&Lead...
2019/11/13   東鉄 3か月ぶりに...
2019/11/13   アルミUBC自治体...
2019/11/13   米コンポジット価格...
2019/11/13   19年9月タングス...
2019/11/13   複眼市場分析シリー...
2019/11/13   MARKET TA...
2019/11/13   欧州からの風#11...
2019/11/13   JFE決算発表を受...
2019/11/13   12日の中国鋼材ス...
2019/11/13   DOWAホールディ...
2019/11/13   三井金属決算説明会...
2019/11/13   三菱マテリアル、I...
2019/11/12   Battery T...
2019/11/12   トライシクルの「エ...
2019/11/12   Fe Scrap ...

3R先進事例発表会を開催 一般社団法人産業環境管理協会

2019.10.21 13:49

 18日、東京機械振興会館で、一般社団産業環境管理協会主催、リサイクル技術開発本多賞、資源循環技術・システム表彰、表彰式、3R先進事例発表会が開催された。表彰式に当たって、同社団法人の冨澤龍一会長が、挨拶を行った。

 

 

写真

 

 

 「昨今特に関心が向いているのは、廃プラ対策について世界が注目しているという事。これを解決するには、3Rの技術開発が非常に重要になる。現在国内では、回収の効率化や生分解性の新素材の開発などが進められている。特に海洋プラスチックについては、1月にプラスチック・スマート・フォーラムが開かれ、産業界でもこの問題に向き合うために「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」(CLOMA)設立され、多くの企業がこれに参加した。国策としても政府が、5月に「プラスチック資源循環戦略」を策定した。

 

 世界では、EUを中心に、循環経済(サーキュラーエコノミー)の波急速に進んでいる。また、2021年までに、使い捨てプラスチック製品の流通を禁止すること狙った動きがあった。このような動きの中心に日本が中核となってほしい。」と語った。

 

 以下、表彰者一覧

 

リサイクル技術開発本多賞:

 ・早稲田大学リンアトラス研究所客員教授 大竹久夫氏

  「リン回収リサイクル研究」

 

 ・大阪府立大学大学院工学研究科 物質・科学系専攻教授 小西康裕氏

  「パン酵母を分離剤として活用する貴金属・レアメタルのバイオ回収」

 

 

資源循環技術・システム表彰

 ・富士ゼロックス

  「複合機、私用履歴情報活用による部品リユース量拡大」

 

 ・本田技研工業株式会社 パワートレインユニット製造部

  本田エンジニアリング株式会社(2社連名)

  「自動車用クランクシャフト鋳造におけるスクラップ削減技術」

 

 ・東京エコリサイクル株式会社

 ・日和サービス株式会社

 ・NEOMAXエンジニアリング株式会社(3社連名)

  「レアアース磁石におけるサーキュラーエコノミーの推進」

 

→(関連記事)ネオジム磁石とMRIのリユース・リサイクルを実現 東京エコリサイクル

 

 ・ケイミュー株式会社

  「内外装材の製造に係わる継続的な資源循環システムの構築」

 

 ・株式会社清都組

  「使用済み型枠再利用によるパネル製作」

 

 ・J&T環境株式会社

  「軽量完全リサイクルプラスチックパレットの開発」

 

 ・株式会社NPC

  「ホットナイフ分離法による太陽光パネルのガラスと金属の完全リサイクル」

 

 ・サントリーHD株式会社

 ・協栄産業株式会社(2社連名)

  「フレークtoプリフォーム ダイレクトリサイクル技術の開発

 

 

写真

 

 

写真

 

 

(IRUNIVERSE Hatayama)

 

 

関連記事