メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/11/27   日本へのパソコン輸...
2020/11/27   アルミUBC自治体...
2020/11/27   国内アルミ新地金港...
2020/11/27   国内アルミ二次合金...
2020/11/27   高度情報化社会に向...
2020/11/27   産業用バッテリーは...
2020/11/27   小泉環境相、ハンガ...
2020/11/27   【貿易統計/日本】...
2020/11/27   2020年度 表彰...
2020/11/27   2020年度 表彰...
2020/11/27   20年10月のセメ...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   貿易統計:20年1...
2020/11/27   東京製綱:決算説明...
2020/11/27   国内パソコン出荷事...
2020/11/27   IRRSG onl...
2020/11/27   コンテナ不足でフェ...
2020/11/27   MARKET TA...
2020/11/27   産廃マニフェスト改...

国内鉛建値6円引き下げ249円に

2020.10.27 10:32

 三菱マテリアルは27日、国内鉛建値をキロ6円引き下げて249円とすることを発表した。これまでの10月鉛建値平均値は253.40円。

 

 LME鉛相場は、前回値上げ改定時、米国追加経済対策期待などマクロ要因で堅調となり12日には3М物で1,845.5ドルまで上伸していたが、その後新型コロナワクチン開発の不透明感やドル高で反転軟化、先週後半銅高に連れていったん上昇するも、新型コロナ第3波などによる銅軟化に引きずられて続落、週明け26日には1,780.5ドルまで売り込まれて終えていた。

 

 為替は前回TTS=106.66円に対し足元105.81円で85銭円高ドル安。

 

 今回の値下げ改定は、LME相場大幅軟化によるもの。

 

 

(為替ドル円推移グラフ 3カ月)

グラフ

 

 

LME鉛相場と鉛建値の推移グラフ 3か月

グラフ

 

 

(IRUNIVERSE S. Aoyama)

 

 

関連記事