新着情報  - News -

2022/09/24   台湾電池材料業界の...
2022/09/24   2022年度8月(...
2022/09/24   世界の粗鋼生産量:...
2022/09/24   MARKET TA...
2022/09/24   EU電池規則最新情...
2022/09/24   小さなボディで海洋...
2022/09/24   携帯できるハードと...
2022/09/24   重機の流通事情と環...
2022/09/24   ローコストで実用的...
2022/09/24   現場に特化したUS...
2022/09/24   これから増える高齢...
2022/09/24   2022年7月 タ...
2022/09/24   近づく『ISO/T...
2022/09/24   中国GEM 豪州ニ...
2022/09/24   MARKET TA...
2022/09/23   政府の原発再稼働対...
2022/09/22   非鉄金属精錬業界 ...
2022/09/22   豪Avenira-...
2022/09/22   東京製鐵、鉄スクラ...
2022/09/22   豪Envirost...

今週(7/25~)の為替相場展望 ドル円 米国景気後退懸念から円高進むか

2022.07.25 09:09
先週のドル円は、日銀緩和姿勢後退の見方から138円近辺まで円高に振れたが、黒田総裁の記者会見において緩和姿勢の継続姿勢が示されて138円台後半まで円安に戻された。ただ、米国の景気悪化の懸念が強く、先週末136円台まで円高が進んた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事