新着情報

2024/03/04   中国 国軒高科(g...
2024/03/04   第9回 Batte...
2024/03/04   EU”バッテリー規...
2024/03/04   世界初の製品を生み...
2024/03/04   世界の電子機器、電...
2024/03/04   2024年2月LM...
2024/03/04   2024年2月LM...
2024/03/04   週刊バッテリートピ...
2024/03/02   MARKET TA...
2024/03/01   HUAWEIの住宅...
2024/03/01   日本電気硝子 ガラ...
2024/03/01   アルミ合金&スクラ...
2024/03/01   「第9回 Batt...
2024/03/01   住友電工 レドック...
2024/03/01   住友商事:IHI、...
2024/03/01   JFEスチール:「...
2024/03/01   三菱マテリアル:安...
2024/03/01   ニッケル価格、底入...
2024/03/01   チタンについて(品...
2024/03/01   水酸化リチウム輸入...

高値圏で調整が続くリチウム市況➀ 春節休み明け一段安の可能性も

 リチウム市況の調整場面が続いている。主要指標の炭酸リチウム(99.5%、China)で、18日現在1トン48万500元と、年初比4.4%安の水準で推移している。注目を集めていた主力市場である中国の春節休み入り前の在庫手当ての動きが盛り上がりを欠いたためだ。春節休み明けの1月下旬、一段安の場面もありそうだ。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る