新着情報

2024/05/28   スポンジチタンメー...
2024/05/28   三和油化工業(41...
2024/05/28   脱炭素の部屋#16...
2024/05/28   MARKET TA...
2024/05/28   東京製鐵:田原工場...
2024/05/28   6/19-20 M...
2024/05/27   ステンレス鋼材国内...
2024/05/27   時代に合った事業展...
2024/05/27   ニュージーランド、...
2024/05/27   チタン:スポンジチ...
2024/05/27   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/05/27   都市ごみ選別装置の...
2024/05/27   ステンレス鋼材国内...
2024/05/27   プラスチックリサイ...
2024/05/27   中米合作のスクラッ...
2024/05/27   三菱重工と日本ガイ...
2024/05/27   東京製鐵の鉄スクラ...
2024/05/27   2024半導体動向...
2024/05/27   電子工業輸出レポー...
2024/05/27   はんだ国内生販在R...

中国6.3%成長、反動増大きく、不動産不調で足腰の弱さ目立つ

 中国国家統計局が7月17日に発表した中国の2023年4-6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比6.3%成長した。ただ、比較対象に当たる2022年4-6月期は上海市の都市封鎖(ロックダウン)の影響で成長率がほぼゼロに近かったため、数値は反動増の面が大きい。不動産投資のマイナスが拡大するなど相変わらず足腰の弱さが目立つ。

 

 中国のGDP成長率の推移

 (出所: 中国国家統計局)

 

  中国の4-6月期成長率は、ブルームバーグ通信などが7月17日までに伝えた市場予想(7.1%増)も下回った。前四半期比では0.8%の伸びで、1-3月期の前四半期比の伸び(2.2%増)から減速した。ロイター通信などの7月18日までの報道によると、GDPの結果を受け、JPモルガンをはじめとする外資権証券が、中国の2023年の成長率予測を相次ぎ引き下げた。

 

中国の2023年の主要経済指標

 

 (注)中国当局データより作成。単位は%。固定資産投資と不動産投資は1月からの累計。GDPは四半期。

 

 主要経済指標の中で目立つのは不動産市況の低迷だ。1-6月期の不動産開発投資は7.9%のマイナスと、マイナス幅は1-5月期の7.2%から拡大した。卸売物価指数も6月に5.4%のマイナスで、建材など資源・材料市況の停滞が続く。

 

 奇しくもGDPの発表があった7月17日、中国の不動産大手・中国恒大集団が2年間にわたり保留していた業績を発表した。2021、2022年を併せて5800億元(約11億2000億円)の最終赤字。恒大はかつて中国2位の不動産大手で、各地に大型住宅エステートを建設していたが、先行投資が膨らんでいたところに中国当局による不動産投資規制を受け、拡大の流れが逆流した。中国の不動産市況の悪化を象徴する事例となっている。

 

 

(IR Universe Kure)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る