メタル・カテゴリー閉じる
アルミニウム  

 グラフ


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

月平均値(High)


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

国産ADC12のデータについて

写真上海D12は中国のアルミ二次合金最大手上海シグマ社のADC12のことを指す。中国はおろかアジアでも上海シグマのD12価格がADC12の価格指標になっており、近年日本の輸入量も急増。2011年は過去最高の44万6000トンを数えた。このなかには上海シグマ以外にイーチュウや大正アルミ(大紀アルミと提携)の出荷量も含まれている。
ロシア塊はロシア産ベースメタルのことで、アルミ分90%のベースメタル。主原料はスクラップ。ADC12の生産に最も適した原料(アルミインゴット)であり、日本は長年ロシア塊を輸入。2011年は20万3715トンの輸入量。ロシアでのスクラップ枯渇で常に供給量の減少がささやかれているが、金融危機後の2009年を除いて20万トン以上の輸入がある。中国のADC12が大量に輸入される以前の2007年には36万トンの輸入量を記録した。

関連記事