ステンレス・フェロアロイ  

 グラフ


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

月平均値(仲値)


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

フェロタングステンのデータについて

写真タングステンの合金。高温での硬さと強度を著しく向上させる添加剤。高速度鋼、強力バイト、ドリルに使用する。
タングステンは高温度での硬度や耐熱性保持などの特性から、主として炭化物(WC)の形で超硬工具に用いられる。
タングステンは世界各地に埋蔵されており、その埋蔵量は全世界でおよそ7百万トンといわれているが、その57%を中国が占め、産出量からいくと実に83%を占めている。
日本のタングステン需要は、100%を輸入に頼り、WO3(三酸化タングステン)、APT(パラタングステン酸アンモニウム)、フェロタングステン等中間原料からタングステンカーバイド、金属タングステンまで様々な形態で輸入しており、 特にAPT(パラタングステン酸アンモニウム)の生産は現在中国の独占状態となり、日本には、APTの形で輸入される量が最も多くなっている。
 

関連記事