新着情報

2024/02/27   第9回バッテリーサ...
2024/02/27   大栄環境:リサイク...
2024/02/27   パナソニックエナジ...
2024/02/27   住友金属鉱山:PT...
2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...

MARKET TALK(現地12月22日)ドル安背景でアルミ、カッパー、ニッケル続伸

現地22日のLME市場は、ドル安背景、クリスマス休暇前の買い、需給要因で鉛除いて全面高。アルミHGは続伸。前日比28ドル高の2153.5ドル、後場2183ドル。一部の米経済指標が弱い内容となりドル安に振れたことを受けてアルミ相場も一時11月1日以来の2204ドルをつける。買い一巡後は利食い売りもみられてやや下落。LMEアルミ在庫は1075トン減の110万4950t。アルミはまた、中国の減産が相場をしっかり下支え。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る