メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

LME DAILY

2021/03/06   MARKET TALK(現地03月05日)下落後の買い戻しでCu,Pb除いて反発 ドル高は重し

現地5日のLMEは、前日までの大幅下落に対して買戻しが入り、カッパー、鉛を除いて反発して引けた。カッパーはドル高に上値抑えられプラスサイドの引けにならず。アジア・欧州株の軟調も売り材料となった。
詳しく見る

2021/03/05   金余りに歯止めをかけるか? 米金利の行方

米金利が上昇している。この金利上昇が株価、商品市況を直撃。非鉄相場も2月までの上昇基調から一転、銅やニッケルなどは大幅な下落に見舞われている。金融関係者の間では、目先の金利動向について「現時点でFRB(米連邦準備理事会)が金利政策を抑制する動きが見せていないため、上昇基調は続くのではないか」(国内の為替アナリスト)との見方が出ている。
詳しく見る

2021/03/05   MARKET TALK(現地03月05日)米金利上昇と株安で全面下落、Ni連日暴落16,0...

現地4日のLMEは、米国債利回りの上昇を受けた、アジア、欧州株安から資金流出が活発化、これまでの急騰に対する調整も入って、全面安となった。ニッケルは供給過剰懸念も生じ連日の1,200ドル超え暴落で16,000ドル台まで沈下した。
詳しく見る

2021/03/04   MARKET TALK(現地03月03日)Cu,Al反落、Norilsk操業再開でNi暴落...

現地3日のLMEは、アジア・欧州株の堅調など世界経済正常化期待から前半上昇基調となったが、米国時間帯に入って発表されたADP雇用統計やISM非製造業景気指数が予想を下回る弱気な内容となったこと、ドル高傾向などが弱材料となって売り優勢に運ばれた。ニッケルはロシアNorilskが出水問題で操業を一時停止していた2鉱山を再開すると発表したことも加わって暴落した。
詳しく見る

2021/03/03   MARKET TALK(現地03月02日)欧米株堅調とドル安でおおむね反発 Ni小反落

現地2日のLMEは、序盤前日の流れを引き継いで売り優勢で開始されたが、売り一巡後は欧州株と前半の米株の堅調やドル安から買い戻され、おおむね上昇した。ニッケルは在庫急増が重しとなって、プラス
サイドに至らず。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ