メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

LME DAILY

2018/04/28   MARKET TALK(現地04月27日)対露制裁の一段の緩和でAL、Ni、Pd続落

現地27日のLME市場は、米の対露制裁の一段の緩和、RUSALの経営陣刷新報でアルミ続落。露RUSALは出荷再開を目指して経営陣を入れ替えると発表。最近まで存在したアルミの供給不足懸念はほぼ完全に払しょくされて続落。2205ドルまで売り込まれた。
詳しく見る

2018/04/26   MARKET TALK(現地04月25日)亜鉛在庫増でDown、AL、Ni反発,Cuドル高で反落

現地25日のLME市場はドル高背景でカッパーが反落、亜鉛は在庫急増で下落、ニッケル、アルミは続落のあとに反発という展開になった。
アルミ新地金3Mは小幅に反発。米政府が露RUSAL社に対しての制裁措置を緩和し、一時の供給懸念が後退していることで序盤弱含みで推移。しかし2200ドルの節目が支持
詳しく見る

2018/04/25   MARKET TALK(現地04月24日)アルミ、ニッケル続落、カッパー浮上

現地24日のLME市場は、引き続き米の対露制裁緩和期限延長でアルミ、ニッケルが続落。露RUSALからアルミの供給を受けている米企業に対し、米政府が制裁措置への対応期限を延期し、一段の制裁緩和を示唆したことを受け、2週間ぶりの安値をつけた。つまり制裁発表前の水準まで下落しつつある。
詳しく見る

2018/04/24   MARKET TALK(現地04月23日)対露制裁懸念後退から、アルミ、ニッケル共急落

現地23日のLMEは、記録的な高騰を続けていたアルミが米による露RUSALへの追加的な制裁が実施されないと23日発表され、先週末比7.5%の大幅続落となった。3M物は急落。米国によるロシアRUSALに対する制裁措置を背景とした供給懸念や指定倉庫在庫の減少が支援材料となり、序盤は買いが先行した。前半は堅調に推移したが、ドル高
詳しく見る

2018/04/21   MARKET TALK(現地04月20日)利食い売りでアルミ、ニッケルDown

現地20日のLME市場は、今週LMEを強力に引っ張ってきたアルミとニッケルが利食い売りでDown。今週の過剰な買いを落ち着かせるべく相応の水準まで低下した。
アルミ3Mは前日比137ドルDownの2,450ドル、後場も2,450ドルで変わらず。LMEアルミ在庫は8,800トン減の1,395,550トンに。
詳しく見る
1 2 3 4 次へ