メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

LME DAILY

2017/12/29   MARKET TALK(現地12月28日)ドル安背景で全面高、カッパー&アルミ続騰

現地28日のLME市場はドル安背景で全面高、カッパー、アルミが上げを主導し両メタルは年末に年初来高値を更新。
アルミHG3Mは大幅続伸で前日比50ドル高の2,257ドル、後場2273ドルまで上伸。2012年3月以来の高値を更新す。LMEアルミ在庫は925トン減の110万3500トン。中国での環境規制によるアルミ減産要因も相場を下支え。
詳しく見る

2017/12/28   MARKET TALK(現地12月27日)アルミ、カッパー続伸で年末に高値更新

連休明け現地27日のLME市場は休み前からの強基調を引き継いで全面高。とりわけカッパー、アルミは鮮やかな伸びで年末に年初来高値を更新した。
詳しく見る

2017/12/27   MARKET TALK(現地12月26日)LME休場、NY、SHFEは小動き 貴金属、原油は上昇

現地26日のLMEはボクシングデイで休場、NY、SHFEのみOPEN。SHFEではアルミ、ニッケルが軟化、カッパー続伸。
SHFEアルミ先物は前日比180元downの14,535元(2,222ドル)に。2018年のアルミ在庫増加が懸念される。現在でも増加しているSHFEアルミ在庫が引き続き増えていくとの
詳しく見る

2017/12/25   MARKET TALK(現地12月22日)ドル安背景でアルミ、カッパー、ニッケル続伸

現地22日のLME市場は、ドル安背景、クリスマス休暇前の買い、需給要因で鉛除いて全面高。アルミHGは続伸。前日比28ドル高の2153.5ドル、後場2183ドル。一部の米経済指標が弱い内容となりドル安に振れたことを受けてアルミ相場も一時11月1日以来の2204ドルをつける。買い一巡後は利食い売りもみられてやや下落。LMEアルミ在庫は1075トン減の110万4950t。アルミはまた、中国の減産が相場をしっかり下支え。
詳しく見る

2017/12/22   MARKET TALK(現地12月21日)世界経済への楽観視、供給不足懸念からメタル続伸

現地21日のLME市場は鉛を除いて全面高。引き続きニッケル、カッパー、アルミが相場を力強くけん引する。米中の経済環境が良好であり、株価上昇が続いていることも要因。
詳しく見る
1 2 3 4 次へ