メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

LME DAILY

2018/08/31   MARKET TALK(現地08月30日)貿易摩擦懸念再燃が相場に重し アルミ・亜鉛1.8%下落

現地時30日のLME相場は、新興国通貨不安再発による投資減退とともに、米国貿易を巡る不透明さから総じて下落した。中国景気の先行き不安も台頭。
亜鉛・アルミともに1.8%切り下がり、8月29日午後5時時点で堅調な値をつけて以降下振れ圧にさらされている。亜鉛価格は、2,500ドル割れに戻っている。とは言え、両
詳しく見る

2018/08/30   MARKET TALK(現地08月29日)貿易紛争の長期化懸念が重荷 アルミ1.7%上昇

現地時間29日のLME相場は、好調な米国第2四半期経済成長が米国経済の底堅さを物語る一方、米中貿易関係の不透明さが、投資家心理を冷やし、ほぼ全面安となった。
詳しく見る

2018/08/29   MARKET TALK(現地08月28日)貿易摩擦懸念後退&ドル安でLME全面高

現地28日のLME市場は、ドル安背景、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐり米とメキシコが2国間協議で合意に達したこと、米中が通商問題で合意に至ることへの期待感からメタルに買いが入り上昇した。しかし米中問題は容易ではなく、楽観視はできないところ。
詳しく見る

2018/08/28   MARKET TALK(現地08月27日)LMEバンクホリデー休場、SHFEカッパー堅調

現地時間週明け27日のLMEは、サマーバンクホリデーのため休場。SHFEではドル安とファンダメンタルの好転に支援されて、カッパーは支持線見出すも、他は売り買い交錯。
詳しく見る

2018/08/25   MARKET TALK(現地08月24日)ドル安背景からメタル全面高

現地24日のLME市場はドル安背景で全面高。カッパー、ZINC、ニッケル大幅反発。ZINCは28,000トンの新たなキャンセルワラントもあり久々に上げのけん引役となった。
ZINC3Mは前日比65.5ドル高の2,534ドルで2.5%UP。28,000トンのキャンセルワラントが新たに追加されたこと現実的な亜鉛需給バランスにようやくマーケットも反応し堅調地合い。LME亜
詳しく見る
1 2 3 4 5 次へ