新着情報  - News -

2019/02/21   覆面カフェへ、ようこそ!...
2019/02/21   昭和電工がHDDの次世代...
2019/02/21   2018年12月電子工業...
2019/02/21   リチウムイオン電池の常識...
2019/02/21   東鉄続伸 4連続の上げで...
2019/02/21   歴史的高値を走るパラジウ...
2019/02/21   2018年の世界鉛需給分...
2019/02/21   2018年の世界亜鉛需給...
2019/02/21   新旧民間航空機の受注納入...
2019/02/21   米アルベマール 19年...
2019/02/21   1月の民間航空機受注納入...
2019/02/21   ユーグレナ 微細藻類活用...
2019/02/21   20日の鋼材スプレッド:...
2019/02/21   グレンコア コンゴのム...
2019/02/21   LMEカッパー続伸で国内...
2019/02/21   企業動向シリーズ#177...
2019/02/21   MARKET TALK(...
2019/02/20   阪和興業、松山資材と日吉...
2019/02/20   次世代電池シリーズ① 樹...
2019/02/20   アルミ合金&スクラップ市...

需要過多は変わらず しかし環境規制などを受け国内淘汰は進む……中国・亜鉛事情

2018.07.07 08:06
現在、中国は、毎年500万トン以上の亜鉛精鉱を生産する世界第1位の亜鉛産出国だ。埋蔵量も4,100万トンでこちらは世界第2位。中国経済の急拡大に伴って、国内の亜鉛消費が急増し、現在、亜鉛消費量は世界の49%を占めている。亜鉛地金生産量も世界の45%で、亜鉛の動向とはすなわち中国の動向でもある。 2018年7月3日、石垣記念ホールにて行われた「日本メタル研究所調査研究成果報告会」において、中国の亜鉛精錬業の現状と展望について、日本メタル経済研究所研究員の新村隆平氏が講演した。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事