新着情報  - News -

2018/12/12   2018年10月のステン...
2018/12/12   UACJ Constel...
2018/12/12   第81回FB銅相場見通し...
2018/12/12   横浜市 平成31年2月渡...
2018/12/12   エネルギー転換とガラパゴ...
2018/12/12   【貿易統計詳細分析 ア...
2018/12/12   日本からのフラッシュメモ...
2018/12/12   電力取引量、9日振りに過...
2018/12/12   昭和電工、新中計を発表し...
2018/12/12   原料炭SPOT価格 22...
2018/12/12   IRRSG2018例会 ...
2018/12/12   MARKET TALK(...
2018/12/11   MolybdenumWa...
2018/12/11   洛陽モリブデン 金属トレ...
2018/12/11   Vanadium wat...
2018/12/11   2019年~2023年の...
2018/12/11   中国の熱延鋼板価格はさら...
2018/12/11   ●貿易統計分析●2018...
2018/12/11   半導体メモリレポート 輸...
2018/12/11   Vale 長期的にはニッ...

需要過多は変わらず しかし環境規制などを受け国内淘汰は進む……中国・亜鉛事情

2018.07.07 08:06
現在、中国は、毎年500万トン以上の亜鉛精鉱を生産する世界第1位の亜鉛産出国だ。埋蔵量も4,100万トンでこちらは世界第2位。中国経済の急拡大に伴って、国内の亜鉛消費が急増し、現在、亜鉛消費量は世界の49%を占めている。亜鉛地金生産量も世界の45%で、亜鉛の動向とはすなわち中国の動向でもある。 2018年7月3日、石垣記念ホールにて行われた「日本メタル研究所調査研究成果報告会」において、中国の亜鉛精錬業の現状と展望について、日本メタル経済研究所研究員の新村隆平氏が講演した。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事