メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2019/10/23   ニッケル価格の上昇...
2019/10/23   DOWAホールディ...
2019/10/23   鉱物資源需給概況レ...
2019/10/23   (速報)電子工業輸...
2019/10/23   Fanyaマイナー...
2019/10/23   二次電池PSI-R...
2019/10/23   国内半導体製造装置...
2019/10/23   IRRSG0910...
2019/10/23   阪和興業 南アのウ...
2019/10/23   輸入価格上昇でトル...
2019/10/23   2019年1-7月...
2019/10/23   軽量完全リサイクル...
2019/10/23   内外装材の構造に関...
2019/10/23   Battery T...
2019/10/23   亜鉛建値3円引き上...
2019/10/23   MARKET TA...
2019/10/23   資源鉱山トリビアシ...
2019/10/23   ハンガリーからの風...
2019/10/23   22日の中国鋼材ス...
2019/10/23   企業動向シリーズ#...

東京製鐵 鉄鋼業界の温暖化対策企業第1位に選ばれる WWFjapan

2019.09.17 12:31

 遅まきながら、東京製鐵は公益財団法人世界自然保護基金ジャパン (WWF ジャパン)による「企業の温暖化対策ランキング」Vol. 11「素材産業②・エネルギー」編において、日本の鉄鋼メーカー7 社の中で第 1 位に選定された。(9/6発表)。

 

 WWF は、約 100 カ国で活動を行う世界的な環境保全団体。WWF の日本支部であるWWF ジャパンは、日本企業による温暖化対策を後押しすることを目的に、各企業における取組みを同一指標にて横断的に評価する、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトを実施している。

 

 東京製鐵は、このたびの「素材産業②・エネルギー」編において、長期環境ビジョンである「Tokyo Steel EcoVision 2050」を通じた積極的な情報開示や、ビジョン達成の目標に向けた対策の実施状況などが高く評価された結果、鉄鋼業種の第 1 位となった。さらに、東京製鐵は、今回の評価対象となった全 6 業種・42 社の中でも最高スコアとなる 83.3 点を獲得したとのこと。

 

 東京製鐵は、気候変動問題を重要な経営課題の一つと位置付けており、長期環境ビジョンである「Tokyo Steel EcoVision 2050」を掲げ、これからも地球環境に優しい電炉鋼材の特徴を生かし、さらなる企業価値の向上と、持続可能な社会の実現に向けた取組みを継続してまいります、とコメントも発表している。高炉メーカーの歯ぎしりも聞こえてきそうだ。

 

 ・WWF ジャパン「企業の温暖化対策ランキング」Vol. 11「素材産業②・エネルギー」:https://www.wwf.or.jp/file/20190829_climate01.pdf

 

 

(IRUNIVERSE)

 

 

関連記事