メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/07/10   中国 6月の自動車...
2020/07/10   DRコンゴRCS ...
2020/07/10   「スマートシティ」...
2020/07/10   2020年半導体市...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   《Metal Pr...
2020/07/10   自然エネルギー財団...
2020/07/10   グレンコアのKam...
2020/07/10   アルミ合金業界を熟...
2020/07/10   銅スクラップ輸入R...
2020/07/10   銅スクラップ輸出R...
2020/07/10   欧州からの風#92...
2020/07/10   鉄鋼業界の大転換と...
2020/07/10   LME銅相場続騰6...
2020/07/10   工作機械工業会6月...
2020/07/10   高純度アルミトップ...
2020/07/10   韓国Hyundai...
2020/07/10   MARKET TA...

Fanyaマイナーメタルオークション現況

2019.10.23 15:06

 2015年に閉鎖したFanya Metal Exchangeにあったマイナーメタル在庫行方は相場の動向を左右しかねず、関係諸方面の関心を集めてきている。

 

 タングステンやアンチモンは大手メーカーがすべて買い取って、市場環境は明確になった。

 

 一方インジウムのように膨大な在庫があって引き取り手をまだ探しているような品目は、価格動向の重しになり続けている。

 

 雲南地方政府によると、都合7万トン、14品目の在庫が取引所閉鎖とともに地公警察よって接収された。

 

 直近の10月5日のオークションでは、電解コバルト22.75トンが28万1,262元/トン($17.84/ポンド)総計640万元(増値税込み)でShanghai Sanqian New Energy Materialsが落札している。

 

 来る10月27日には、ゲルマニウム、テルル、セレンについてのオークションが行われる予定。

 

 

(IRUNIVERSE S. Aoyama)

 

 

関連記事