メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/08/08   住友金属鉱山:決算...
2020/08/08   岡本工作機械(61...
2020/08/08   MARKET TA...
2020/08/08   7日の中国鋼材スプ...
2020/08/08   DOWA HD:上...
2020/08/08   日本カーボン:おお...
2020/08/07   三井金属:今上期業...
2020/08/07   NEDO、ドローン...
2020/08/07   三井金属、新型コロ...
2020/08/07   東邦亜鉛、今1Qで...
2020/08/07   IRRSG/ZOO...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   《Metal Pr...
2020/08/07   東京製鐵、鉄スクラ...
2020/08/07   Teslaの支持に...
2020/08/07   鉄子の部屋#20 ...
2020/08/07   大平洋金属:後半は...
2020/08/07   CobaltWat...

LME相場6100台ドル突入、国内銅建値10円引き上げ700円に

2020.07.07 10:32

 7日JX金属は国内銅建値をキロ当たり10円引き上げ700円に改定。現在までの平均値は698.0円。7月2回目(スタート含む)の改定。

 

 亜鉛建値は据え置きの、キロ当たり274円で現在までの平均値も274円。黄銅棒メーカー日本伸銅は7月第2回目の真鍮削粉単価について6円引き上げの493円とした。

 

 LME銅相場は、7月スタートキロ10円引き上げて690円とした時点で大台6,000ドルに到達していたが、その後もSHFE在庫の大幅減少に現れた中国需要の堅調な拡大と、チリ・ペルーでの、新型コロナ感染拡大予防措置で産銅業操業停止など供給ひっ迫懸念が続き、騰勢持続、週明け6日はついに6,128.5ドルで引けた。為替は1日TTS109.12円から足元108.30円で82銭円高ドル安(0.8%)だが、LME相場上昇(1.9%)が上回った。

 

 

LME銅相場 3ヶ月

グラフ

 

 

LME亜鉛相場 3ヶ月

グラフ

 

 

ドル円為替相場 3ヶ月

グラフ

 

 

表

 

 

(IRUNIVERSE S.Aoyama)

 

 

関連記事