メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/09/24   南アFeCr Me...
2020/09/24   豪州、技術投資ロー...
2020/09/24   8月粗鋼生産は前年...
2020/09/24   ドクターE 江守哲...
2020/09/24   二次電池PSI-R...
2020/09/24   国内半導体製造装置...
2020/09/24   【プラスチックを読...
2020/09/24   国内半導体生産Re...
2020/09/24   LME相場急落で、...
2020/09/24   リコー、環境省「脱...
2020/09/24   三洋化成、リサイク...
2020/09/24   一廃プラは資源にな...
2020/09/24   MARKET TA...
2020/09/24   鉄子の部屋#23 ...
2020/09/24   20年Q4(10-...
2020/09/24   ヤマシンフィルタ(...
2020/09/24   ICBR 2020...
2020/09/24   アルミ合金&スクラ...
2020/09/24   欧州からの風#12...
2020/09/24   23日の中国鋼材ス...

PETボトルリサイクル市場は今① 現状はマイナス入札です

2020.08.12 09:42

 サントリー、コカコーラといった大手ボトラーがこぞってPETボトルのリサイクルに乗り出している。これはアルミ缶でいうCANTO CANと同じで、ボトルTOボトルを意図している。わかりやすい企業主導のリサイクルであり、ヨーロッパではすでにペットボトルには再生材の比率を高めることが義務化、法制化されつつあり、その結果、一部ではボトル用のハイクオリティのペット用再生レジンが不足し、バージン材より高くなっているという。

 

 ・サントリー 2030年100%(https://www.suntory.co.jp/news/article/13473.html

 ・コカ・コーラ 2030年90%をボトルtoボトル(https://www.cocacola.co.jp/stories/sus_www01_190604

 

 

 関係者は

 「国内においては、容器包装リサイクルのスキームで自治体経由で回収されたPETが入札でリサイクル会社へ搬入され再生PET素材が製造されておりますが、今後は、この入札価格も大きく影響を受けるものと考えられます」

とのことで、要するに高騰していく、と見られている。

 

 これについて、すでに国内でペットボトルの破砕処理を行い、ベットボトル以外にAフレークを生産している専業DK社によると

 「ボトル用の再生レジンがバージンより高いのは昔から。それはしかし国内ペットボトル発生量63万トンのうちの一部。2030年には言うように自治体入札価格も上がるかもしれないが足元はまだマイナス。私は自治体でのペットボトル入札単価が上がることは無い、と断言できる」

 

 令和2年度上期のペットボトル入札(再商品化事業者落札)は以下の容リ協会のデータにあるが、ほとんどマイナスである。マイナス20円から60円/kg  が並ぶ。下期はまだ公表されていないが、やはりほとんどマイナス入札だったという。

 

https://www.jcpra.or.jp/Portals/0/resource/recycle/recycling/recycling04/pdf/r02/pet01.pdf

 

 

グラフ

 

 

グラフ

 

 

韓国は廃プラ輸入を禁止に

 何故なのか?先の専業DK社によると

 「ペットボトルは余ってますね。コロナ自粛で自販機でのペットボトル販売は激減し、繊維向けも落ちている。需要がないゆえ、使用済みペットボトルの相場もどんどん下がっている。ペットのプレス品はいま10円/kg  あたり。結局、ペットボトルのリサイクル材の需要が全体的には落ちている。ボトルTOボトルは今10万トンもない。足元はボトルTOボトル以外の需要を喚起しなければならないが、いまはその気配すら無い。ボトルTOボトルが10万トンになっても、その他の50万トンはどうなるのか?輸出は年々厳しくなっており、韓国は先月から廃プラ輸入を禁止にしている。国内外で需要なくなるため、先に言ったようにペットボトルの入札価格が上がることは無いといえる」

 

→(国内用途別再生フレーク量)http://www.petbottle-rec.gr.jp/data/use.html

 

 「弊社は昨年まで月間1万トンの使用済みペットボトルを処理していたが、いまは3000トンまで落としている。非常に厳しい現状」と、ボトルTOボトルの華やかさに比べると、ボトルTOボトル以外の多くのペットボトルリサイクラーは出口の見えないトンネルのなかにある。

 

→(ペットボトル用樹脂需要動向)http://www.petbottle-rec.gr.jp/data/demand_trend.html

 

 

(IRuniverse)

 

 

ダウンロード

関連記事