メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/03/02   東京製鐵、鉄スクラ...
2021/03/02   電力制限で内モンゴ...
2021/03/02   ニッケル高、電池向...
2021/03/02   実装前半導体メモリ...
2021/03/02   国際亜鉛協会(IZ...
2021/03/02   神戸製鋼所:ロシア...
2021/03/02   2月のアルミ概況お...
2021/03/02   2月の銅の概況及び...
2021/03/02   酸化コバルト輸入R...
2021/03/02   紛争鉱物の一丁目一...
2021/03/02   炭酸リチウム輸入R...
2021/03/02   伊藤園、アルミレス...
2021/03/02   米バイデン政権 サ...
2021/03/02   ステンレス鋼材国内...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   水酸化リチウム輸入...
2021/03/02   どこから来るの?水...
2021/03/02   2020年の世界鉛...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   銅鉱石輸入Repo...

レアアースWeekly2020#46 偏在するREE需要 磁石原料のみ上昇

2020.11.09 15:42

 レアアース市場は磁石原料のみが上昇、すなわちジジム(プラセオジム&ネオジム)、テルビウム、ジスプロシウムは堅調だが、その他のレアアースは低調のまま。ランタン、セリウムというレアアースの主要エレメントは売れない状況が続いている。サマリウムも同じ。蛍光体のユウロピウムは全く復調の兆しが見えない。ユーティリティプレイヤーのイットリウムも低調。こうした偏在した需要ゆえに中国のレアアース分離精製企業も採算難に陥っており、必然的に処理量も減少。結果的に中国からのレアアース酸化物の輸出は減少一途。毎度のことながらレアアースの磁石にかわる強力なアプリケーションが求められている。逆に、きわめて廉価なランタン、セリウムを使っての新たな需要は出る余地はあると思われるのだが。

 

 中国の貿易通関統計によると、9月の中国の希土類輸出は2,003.3トンで、前年比43.9%減少、という結果となった。

 

 中国からの輸出はここ3か月減少が続いている。ミャンマーからのイオン吸着鉱輸入減は前述したように中国の分離精製需要が落ちているため。

 

 9月の中国からの希土類輸出額は1億3000万元。1月から9月までの希土類酸化物輸出は前年比27.5%減の26,380.6トン。1〜9月の輸出額は前年同月比25.5%減の17.8億元。

 

 中国は1月から9月に22,274mtの不特定の希土類酸化物と混合希土類炭酸塩鉱石を輸入し、昨年の同時期より17.1%減少した。ミャンマーからの希土類鉱石の輸入(不特定の希土類酸化物と混合希土類炭酸塩鉱石)は18,759トンで、前年比15%減少した。中国はミャンマーから4,892mtの混合希土類炭酸塩鉱石を輸入し、前年比52.3%減少だった。

 

 ミャンマーからの不特定の希土類酸化物の輸入は、2020年の1月から9月にかけて13,867トンで、前年比18%増加した。9月のミャンマーからの不特定の希土類酸化物の中国の輸入は、前年比30.2%減の1,407トンだった。

 

 中国の、米国からの希土類鉱石の輸入は、1月から9月にかけて前年比51%増の49,040トンだったが、9月の米国からの輸入は前年比64%減の2,240トンだった。

 

 では、最近のレアアースマーケットを見てみよう。

 

 まずジジム酸化物(プラセオジム25%&ネオジム75%)は足元RMB343,000/tonまで上昇。今年最高値をつけた8月のRMB353,000/tonまであと一息というところまで迫っている。今の中国の低生産量が続けば近々、最高値を更新することだろう。

 

 

ジジム酸化物相場の推移(Pr25%Nd75% RMB/ton)1年

グラフ

 

 

 酸化テルビウムはすでにRMB5,030/kgをつけ今年最高値をHIT。

 

 中国からの輸出価格もUSD755/kgをつけ今年最高値。2015年4月以来、5年ぶりの高値となっている。

 

 

酸化テルビウム相場の推移(99.99% RMB/kg)1年

グラフ

 

 

酸化テルビウム 中国輸出相場の推移(99.99% USD/kg FOBChina)1年

グラフ

 

 

 酸化ジスプロシウムも明確に上昇し、足元はRMB1,720/kgで今年9月の水準まで上昇。しかし中国でも粒界拡散法の浸透により、Dyの添加率は落ちているゆえ、テルビウムほど鋭い上がりとはなっていない。

 

 一方、酸化ジスプロシウムの輸出価格は急上昇し足元はUSD260/kgへ。こちらも今年9月以来の高値。

 

 

酸化ジスプロシウム相場の推移(99.5% RMB/kg)3か月

グラフ

 

 

酸化ジスプロシウム中国輸出相場の推移(99.5% USD/kg FOBChina) 3か月

グラフ

 

 

 酸化ネオジムも上昇。足元はRMB373/kgと今年最高値をHIT。

 

 輸出価格もUSD55/kgを超え、やはり今年最高値をつけている。

 

 

酸化ネオジム相場の推移(99.5% RMB/kg)1年

グラフ

 

 

酸化ネオジム中国輸出相場の推移(99.5% USD/kg FOBChina) 1年

グラフ

 

 

 上昇しているのはここまでで、酸化セリウムはここ3年間下がり続けており、中国国内価格はRMB9/kg前後、輸出価格はUSD1.5/kgまで下がっている。

 

 

酸化セリウム中国国内価格と輸出相場の推移3年

グラフ

 

 

 酸化サマリウム、イットリウムも低調から抜けられない。サマリウムはここ3年来の最安値でRMB12/kg、酸化イットリウムもここ3年の最安値でRMB18/kg前後。

 

 

酸化サマリウム相場の推移(99.9% RMB/kg)3年

グラフ

 

 

酸化イットリウム相場の推移(99.99% RMB/kg)3年

グラフ

 

 

 酸化ユウロピウムはここ5年でみても最安値のRMB190/kgで推移。3年前にRMB600/kgあったことが今では逆に不思議に感じるほど。かつて30年前のスター選手もいまは完全に出番を失している。

 

 

酸化ユウロピウム相場の推移(99.999% RMB/kg)5年

グラフ

 

 

 ついでにいうとスカンジウムも期待されたレアアースアイテムではあったが足元はRMB6,200/kg前後でやはりここ3年での最安値圏を底ばっている。

 

 

酸化スカンジウム相場の推移(99.99% RMB/kg)3年

グラフ

 

 

(IRUNIVERSE)

 

 

関連記事