メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2022/01/19   TBM、自社製造拠...
2022/01/19   キリンHD、ペット...
2022/01/19   中国 非鉄金属標準...
2022/01/19   国内二次電池PSI...
2022/01/19   中国vs米国のレア...
2022/01/19   中国の自動車生産販...
2022/01/19   2022年の半導体...
2022/01/19   中国工業情報化部は...
2022/01/19   止まらぬ中南米左傾...
2022/01/19   トヨタ:2月の生産...
2022/01/19   MARKET TA...
2022/01/19   中国内の鉄鉱石価格...
2022/01/18   中国内の鋼材価格(...
2022/01/18   2021年の中国輸...
2022/01/18   中国 今年の新エネ...
2022/01/18   バッテリー議連事務...
2022/01/18   豊通、ケニアでバッ...
2022/01/18   ストロングなニッケ...
2022/01/18   2021年11月の...
2022/01/18   2021年11月の...

11月のアルミ概況および12月の見通し    橋本アルミ(株) 橋本健一郎

2021.12.03 09:03

予測レンジ                                          

 LME   現物後場買い  2500-2700ドル                 ↓

       スクラップ   -5~ -10円 円前月最終価格より) ↓

       為替      110-115円 (一か月間TTM)  円安

 

 

■国際概況

 前半はデフォルトが懸念されていた中国の不動産大手、恒大グループによる社債利払い実施の報 米長期金利の低下に伴うドル安などのプラス材料もあったが、中国政府が石炭生産量の拡大と今後の拡大継続見通しを示し、電力不足も緩和するとの観測などを嫌気しDOWN

 11月15日時点で2678ドル(セツル)と月初価格から2ドルDOWNの前半締めとなった。

 

 後半は米景気先行指数と新規失業保険申請件数が強気な内容だったこと、米国でパウエルFRB議長の続投が決定されたことが好感などのプラス材料あったがオーストリアがコロナの感染拡大に対して完全なロックダウン(都市封鎖)を再導入することを発表したこと

 中国の10月電力供給量の増加を受けた供給改善見通しを嫌気しDOWN

 11月末日 現在、後半スタート価格から28ドルDOWNの2650ドル

 

 

■前月の経済指標   

 ◆月間のドル/円レート (TTS)

 115.09 → 114.77(円)

 

グラフ

                              出典 MIRU

 

 

【国内指標】     

◆自動車生産台数                                      

 生産動態統計によると10月の自動車生産台数は前年比-40.2%の48万1630台

 輸出は-43.4%

 

 

表

 

 

◆自動車販売台数

 日本自動車販売協会連合会によると11月の自動車販売台数(軽除く)は前年比-13.4%の21万9276台

 

表

 

 

自動車生産台数

グラフ

                           出典 生産動態統計

 

 

自動車販売台数推移

グラフ

出典 日本自動車販売協会連合会

 

 

【住宅着工戸数】

 10月の新設住宅着工は,持家,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で前年同月比10.4%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比5.6%の増加となった。

 

 ○新設住宅着工戸数は 78,004 戸。

 ・前年同月比 10.4%増, 8か月連続の増加。

 

 ○新設住宅着工床面積は 6,390千㎡。

 ・前年同月比 11.4%増, 7か月連続の増加。

 

 ○季節調整済年率換算値では 892千戸。

 ・前月比 5.6%増, 3か月ぶりの増加。

 

 

表

 

 

グラフ

                      出典 国土交通省統計

 

 

◆貿易指標

 輸出

 財務省貿易統計によれば輸出はアルミ新地金が前年比 +128.3%の217t、2次合金が+71%の2358t、スクラップが+38.4%の2万9621tアルミ缶が-19.1% 5870t。

 

表

 

 

輸出推移

グラフ

出典 財務省貿易統計

 

 

 輸入は新地金が前年比+43.5%の12万742t、二次合金が+38.3%の11万645t、スクラップが-12.2%の434t、合金スクラップは+39.8%の6795t。

 

表

 

 

輸入推移

グラフ

出典 財務省 貿易統計

 

 

【アルミ圧延・押出品生産数】                 

 日本アルミニウム協会発表の圧延品の生産出荷動向によれば板類・押出生産合計は前年比 -0.9% 16万1468t 10カ月ぶりマイナス

 

 

グラフ

出典 日本アルミニウム協会

 

 

【アルミニウム2次合金 同合金地金等生産実績】

 前年比 -9% 6万2529t  2カ月連続マイナス

 出荷は -8%  6万2843t  2か月連続マイナス       

                                                                 

 

グラフ

                      出典 日本アルミニウム合金協会

 

 

■国内概況まとめ

【自動車生産】

 生産動態統計によると10月の自動車生産台数は前年比-40.2%の48万1630台

 輸出は-43.4%                                                

 

 

【自動車販売】         

 日本自動車販売協会連合会によると11月の自動車販売台数(軽除く)は前年比-13.4%の21万9276台

  内  乗用車  -13.8%          

     貨物   -10%       

     バス   -21.7%     

 

 

【住宅着工戸数】

 10月の新設住宅着工は,持家,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で前年同月比10.4%の増加となった。また,季節調整済

 年率換算値では前月比5.6%の増加となった。

 

 ○新設住宅着工戸数は 78,004 戸。

 ・前年同月比 10.4%増, 8か月連続の増加。

 

 ○新設住宅着工床面積は 6,390千㎡。

 ・前年同月比 11.4%増, 7か月連続の増加。

 

 ○季節調整済年率換算値では 892千戸。

 ・前月比 5.6%増, 3か月ぶりの増加。

 

 

【アルミ圧延・押出品生産数】                 

 日本アルミニウム協会発表の圧延品の生産出荷動向によれば板類・押出生産合計は前年比 -0.9% 16万1468t 10カ月ぶりマイナス

  板  類 9万8445  -0.5%    10カ月ぶりマイナス

  押出類  6万3023   -1.6%    8ヶ月ぶりマイナス

 

 

【アルミニウム2次合金 同合金地金等生産実績】

 前年比 -9% 6万2529t  2カ月連続マイナス

 出荷は -8%  6万2843t  2か月連続マイナス       

 

 

【輸出】

 アルミ新地金が前年比 +128.3%の217t、2次合金が+71%の2358t

 スクラップが+38.4%の2万9621t、アルミ缶が-19.1% 5870t。

 

 

【輸入】

 アルミ新地金が前年比+43.5%の12万741t、二次合金が+38.3%の11万645t

 スクラップが-12.2%の434t、合金スクラップが+39.8%の6795t

 

 

【見通し】

 

【自動車】   

 10月の自動車生産が-40.2%。10月国内販売台数が前年比-13.4%

 3カ月連続生産、販売共に急減少! 半導体以外の中国からの部品供給の遅れからとの事

 今後に注視

                

 

【アルミ圧延・押出品生産数】

 日本アルミニウム協会発表の圧延品の生産出荷動向によれば板類・押出生産合計は前年比 -0.9% 16万1468t 10カ月ぶりマイナス

 今後マイナスが続くかの動向に注視

 

 

【アルミニウム2次合金 同合金地金等生産実績】

 前年比 -9% 6万2529t  2カ月連続マイナス

 出荷は -8%  6万2843t  2か月連続マイナス

 今月も半導体 中国からの部品供給の遅れによる自動車生産販売の急減に伴う減少と分析

 いつプラスに戻るか注視

 

 ・アルミ輸出は外需が比較的好調なことを受けて大幅増

 ・アルミ輸入は輸入塊の高騰による代替需要の国内玉の不足から大幅増

 

 

【スクラップ景況予想】

 流通(一次問屋)在庫はLME価格が2600-2700ドルと低位安定したがコロナ感染拡大による警戒感から手放す問屋もあり入荷はありそう。

 需要面に関して前月に続き中国の部品調達の遅れからの自動車生産の減少傾向があるが挽回生産に向けた在庫積み上げも一服。

 メーカー 先安感から購入意欲は後退するのではないか?

 

 

【LME・為替予想】

 

今月は

 ① コロナ 新株オミクロン感染拡大の動向

 ② 米中の金融政策の動向

 

① に関しては

 欧米などで一部ロックダウンが行われるなど感染拡大傾向にあり 日本も まだ発見されたばかりであることから終息にはしばらくかかるのではないか?

 

② に関しては

 中国に関しては 足元は緩和傾向 米国に関しては 引き締め観測もあったがコロナ新株への配慮から緩和はしばらくつづくのでは?

 

 これらを踏まえた

 ドル円値は110円~115円(TTM)台を予測。

 銅建値に関しては103万-114万円程度と予測している

 

 これらを踏まえた11月のアルミ価格は 2600―2700ドル(セツル)との予想。

 ドル円値は110円~115円(TTM)台を予測。

 スクラップ購買価格に関しては据え置きから-5~ -10円程度と予測している。

 

 

 

関連記事