新着情報  - News -

2022/12/07   MARKET TA...
2022/12/07   世界の鉛亜鉛業界は...
2022/12/06   独シェフラー 電動...
2022/12/06   「蓄電池のサステナ...
2022/12/06   クラレ 活性炭なら...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   タンザニアからの報...
2022/12/06   三菱ケミカル 魚が...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   脱炭素の部屋#92...
2022/12/06   ACE Green...
2022/12/06   2022年10月 ...
2022/12/06   旭化成 オランダ・...
2022/12/06   トライシクル、リサ...
2022/12/06   集積回路輸出入Re...
2022/12/06   中古車暴落のXデー...
2022/12/06   磁石を用いた水中マ...
2022/12/06   各種チタン市況(1...

急速にサステイナブルに目を向けるファッション・テキスタイル業界

2022.09.28 11:24
世の中の環境問題意識が高まり、サーキュラーエコノミー、エシカル、SDGsというワードが氾濫している。 以前は意識が高い一部の層に受け入れられていた概念が急激に世間一般の意識となりつつある。 その中でファッション・テキスタイル産業は製造(原料・縫製・染色)にかかる環境負荷が非常に高く、せっかく大量に作っても捨てられる量の多い環境負荷の大きい産業と言われている。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事