新着情報  - News -

2022/12/07   MARKET TA...
2022/12/07   世界の鉛亜鉛業界は...
2022/12/06   独シェフラー 電動...
2022/12/06   「蓄電池のサステナ...
2022/12/06   クラレ 活性炭なら...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   タンザニアからの報...
2022/12/06   三菱ケミカル 魚が...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   次世代モビリティシ...
2022/12/06   脱炭素の部屋#92...
2022/12/06   ACE Green...
2022/12/06   2022年10月 ...
2022/12/06   旭化成 オランダ・...
2022/12/06   トライシクル、リサ...
2022/12/06   集積回路輸出入Re...
2022/12/06   中古車暴落のXデー...
2022/12/06   磁石を用いた水中マ...
2022/12/06   各種チタン市況(1...

パワーデバイスシリーズ#8 自動車用パワー半導体市場今後の予想

2022.09.29 09:25
パワー半導体事業を得意とするInfineon(独)、STマイクロエレクトロニクス(仏)、オンセミコンダクタ(米)はパワーデバイスメー御三家と言われている。この3社に日本の東芝、ローム、ルネサス、さらに米国Vishy、中国アルファアンドオメガなど、注目されるパワー半導体メーカの自動車向生産比率について考察する。Fig1は2019年、2021年度の各社のパワー半導体自動車向け比率を現したものである(パワー半導体販売における自動車向け比率)。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事