新着情報

2024/07/22   「タイヤ電池」を街...
2024/07/22   第10回Batte...
2024/07/22   LME Weekl...
2024/07/22   ペロブスカイト太陽...
2024/07/22   先の見えない海上運...
2024/07/22   グリーン化進む製鋼...
2024/07/22   ペロブスカイト太陽...
2024/07/22   オキサイド(652...
2024/07/22   紙・古紙市場近況 ...
2024/07/22   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/22   世界最大のニッケル...
2024/07/22   中国の銅製錬所は銅...
2024/07/22   鉄鉱石価格は中国の...
2024/07/22   ヨーロッパは中国か...
2024/07/22   需給ギャップが大き...
2024/07/22   新型電池の衝撃は中...
2024/07/22   中国 第3世代鉛酸...
2024/07/22   米とメキシコが手を...
2024/07/22   I-PEX 使...
2024/07/22   TSMC、2024...

EU 国境炭素税 10月から報告制度スタート

EU(欧州連合)は2026年からの「炭素国境調整措置(国境炭素税)」の導入に先立ち、課税対象予定の製品輸入に当たって、その製造に伴って炭素排出量などの報告を10月から輸入事業者に義務付ける。セメント、アルミニウム、肥料、電力、鉄・鉄鋼、水素が適用対象になる。25年末までを移行期間として、課税額の算定ベースになる排出量の報告態勢を定着させ、国境炭素税の本格運用に備える段取りだ。スタートまであと4カ月足らず、関係する日本企業に必要な準備は何か、探ってみた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る