メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2019/09/17   燃えるゴミ(有機物...
2019/09/17   リサイクルの先端技...
2019/09/17   災害用の非常用電源...
2019/09/17   二次電池PSI-R...
2019/09/17   国内二次電池PSI...
2019/09/17   19年7月 チタン...
2019/09/17   19年7月 E-S...
2019/09/17   19年7月 アルミ...
2019/09/17   東京製鐵 鉄鋼業界...
2019/09/17   2019年07月の...
2019/09/17   19年7月のSUS...
2019/09/17   中国鉄鋼需給(9月...
2019/09/17   米スクラップコンポ...
2019/09/17   鉄鉱石・石炭の契約...
2019/09/17   先週の中国内電極価...
2019/09/17   東京製鐵、10月の...
2019/09/17   中国黒鉛価格の下落...
2019/09/17   複眼市場分析シリー...
2019/09/17   ITがもたらす資源...
2019/09/17   MARKET TA...

米の1月の酸化希土類輸入は前年同月比2.6倍増 在庫補充の買いで増加

2016.03.10 13:00

 米国ITCの統計によると、米の2016年1月の酸化希土類、塩化希土類が前年比で2倍以上の伸びを示し、希土類金属の輸入量もネオジム磁石需要の回復から増加している。

 

 酸化希土類および塩化希土類の輸入量は703トンで2015年1月の270トンから2.6倍増。

703トンのうち702トンは中国から。他ロシア、日本から微量入っている。

 

 米国の場合、主にFCC触媒向けのランタン、セリウム酸化物が需要の大きなウェイトを占めているが昨年は米の石油精製セクターへの投資が低下したことから需要も減少した。

 しかしながら今年は新興国でのFCC触媒向け需要が伸びるとみられており、ランタン、セリウムの需要をサポートすると予想されている。

 

 エクソンモービル社はカリフォルニアのトーランス製油所で新規の石油精製プラントを立ち上げるべく政府に承認を求めている。また昨年に休止した製油所の再起動も待たれている。

また米の自動車販売台数は好調に推移しており、触媒コンバータ向けでセリウム酸化物の需要は引き続き堅調。

 

 米市場でネオジム磁石の緩やかな回復がみられるなか、希土類金属の輸入も増加。1月は前月比7.7%増の46トン(45,886kg)が輸入された。最大の輸入先国はやはり中国で23トン(23,585kg)、日本からは2トン2,019kg)輸入。

 昨年2015年の希土類金属輸入量は14年比10%増の319トン(319,316kg)だった。

米ではハイブリッド自動車、電気自動車向けモータのネオジム磁石と軍事用とで需要は増加している。

米の希土類輸入は現在の低価格を活用した在庫補充的な買いで伸びている。

 

(IRUNIVERSE)

 

関連記事