メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/10/21   インドネシアJok...
2021/10/21   電力不足で中国亜鉛...
2021/10/21   進むプラスチック資...
2021/10/21   【コモディティと人...
2021/10/21   リチウム長期獲得・...
2021/10/21   東京製鐵、鉄スクラ...
2021/10/21   クラッソーネ、熊谷...
2021/10/21   豪Lynas社WA...
2021/10/21   日本製鉄:日本製鉄...
2021/10/21   米国防総省 自国で...
2021/10/21   国内民生電子機器出...
2021/10/21   米国:フォードがE...
2021/10/21   カ性ソーダ市況の高...
2021/10/21   NickelWat...
2021/10/21   原油在庫:43.1...
2021/10/21   ローツェ(6323...
2021/10/21   MARKET TA...
2021/10/21   溶剤循環洗浄法によ...
2021/10/20   ボトルtoボトルの...
2021/10/20   三菱マテリアル、超...

赤外線センサ市場2018#2 可視光と赤外線領域について

2018.05.28 15:36
人間の目で感知できる波長領域を可視光線領域という。一般的には400ナノメートルnmから750nm弱までの範囲を指す。可視光線領域より短い波長領域は紫外線領域という。赤外線は可視光の赤色光より波長が長く、ミリ波長の電波よりも波長の短い電磁波全体を指す。波長としては700nmから10000 nm(1mm)に分布する。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事