メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

半導体・電子材料関係

絞り込む  

2019/11/13   複眼市場分析シリーズ#12 ADASセンシングデバイス②

■車載先進センシングテクノロジー
 1ADAS(Advanced Driving Assistance System: 先進運転支援システム)車載カメラ
前回はADAS用デバイスとして中心的な位置づけである車載カメラの搭載台数の伸びについて述べた。欧州を中心としてセンサを使って衝突防止システム化を進めて来た。このへんでサイドADAS機能の原点に立ち返ってその定義から見てみよう。
詳しく見る

2019/11/12   タンタル・キャパシタ輸出入Report 2019#5 韓国向け輸出急増続くが、米中向け減少

日本からのタンタル・キャパシタの輸出は、前回レポートのときから少し様子が変わって来た。2極化が進み、貿易戦争を続ける米中向けの輸出が減少し続け、韓国向け輸出が急増している。特に韓国向け輸出は、数量の回復と共に単価も急騰している。
詳しく見る

2019/11/11   MLCC輸出Report 2019#9 世界的に小型電子機器市場復調気味か、小型MLCC需要増

日本のMLCC輸出は、クルマ向けの需要にブレーキが掛ったが、ここに来て小型電子機器向けの需要が再び増加に転じているようだ。台湾向け輸出が急速に増加し、復調気味だ。また米中貿易戦争や反政府デモ激化の中国・香港向けも回復ムードが現れてきた。
詳しく見る

2019/11/11   酸化イットリウム輸入Report 2019#9 輸入平均単価、1年ぶり700円台突破

酸化イットリウムの輸入は、今年9月までに4回、単月輸入量100トンを割った。それでも昨年より増加基調のまま推移している。また、輸入平均単価が、1年ぶりに700円台を突破した。中国からの輸入平均単価が2016年以来の600円台後半に達したことによる。
詳しく見る

2019/11/08   炭酸バリウム輸入Report 2019#8 今年、名古屋の輸入平均単価急上昇中

日本に輸入される炭酸バリウム輸入は、輸入量の減少が続き、今年の年間輸入量が過去30年間で最低となりそうだ。MLCCの原料として輸入されるイタリアからの輸入量も減っている。ただ、受入れ側の名古屋の輸入量は増加し、輸入平均単価も急上昇している。
詳しく見る
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ