メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

半導体・電子材料関係

絞り込む  

2017/12/26   2017年11月の伸銅品生産動向 引き続きスマホ・半導体・自動車・エアコン好調が牽引

12月26日、日本伸銅協会は2017年11月の伸銅品生産動向の速報を発表した。10月は伸銅品全体の生産量7万1,347トン、対前年比5.9%、2か月連続前年比プラスであった。伸銅品全般で、引き続きスマートフォン、半導体、自動車、エアコンの需要の好調に牽引されて、少なくとも今年度2018年3月まで良いムードが続く模様。
詳しく見る

2017/12/21   自動車に搭載する半導体メモリの市場要求に対応するマイクロン

車に搭載される電子部品点数は急速に増加している。マイクロンは、世界中の自動車メーカーが搭載する半導体メモリを供給している。今後、自動車の駆動系、通信系、表示系、複雑な自動運転システム向けのメモリは、用途により大容量や高速化が求められる。
詳しく見る

2017/12/20   企業動向シリーズ#91 岡本工作機械製作所 18/3期上期は半導体向け活況で営業利益2.2倍に

絶好調の半導体製造装置および関連設備で業績拡大の岡本工作機械製作所(6125)の18/3期は大幅増額期待とともに来期以降も半導体の積層化や新デバイス向けに上伸続く見込み。
詳しく見る

2017/12/19   自動車の電子制御のこれから 車載用ECU向け半導体

社会のIoT化にともない、ECUの用途を拡大させることが予想されている。また、自動車は、既に一部の機能にECUが搭載されており、今後EV、FCVと自動車市場の電動化・自動化の加速に伴い、ECUが自動車を構成する中でも重要な部品となる。
詳しく見る

2017/12/18   半導体微細化最先端動向 EUV量産に向けて :セミコンジャパン2017

露光技術による半導体微細化の最終兵器と言われているEUVだが、実用化に向けて様々な課題を抱えていた。EUVの最新動向について、露光装置メーカーと光源の部品メーカー、レジスト材料メーカーの報告から、ようやくEUV量産実用化の段階に入れそうだ。
詳しく見る
1 2 次へ