メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

半導体・電子材料関係

絞り込む  

2017/02/27   企業動向シリーズ#15 半導体微細化と次世代液晶パネル向けで好調 岡本工作機械

岡本工作機械(6125)は研削盤が主力の工作機械メーカーだが半導体、液晶向けへの投資が実り18年3月期は大幅増益の予想となっている。半導体微細化と相次ぐ次世代液晶パネル工場建設の追い風に加えロボット向けも拡大続く。
詳しく見る

2017/02/25   企業動向シリーズ#14 エンプラス 半導体後工程テストビジネスが活発化

エンプラス(6961)はエンジニアリングプラスチックの精密加工最大手。17/3期3Q累計業績は、売上高249.41億円(前年同期比15.6%減)、営業利益35.13億円(同56.9%減)、経常利益35.90億円(同56.7%減)、税引利益47.73億円(同17.8%減)と低迷が続く形となった。
詳しく見る

2017/02/14   企業動向シリーズ#12 半導体設備投資増で18/3期は大幅黒字予想 新川

世界トップクラスのシェアを誇る 半導体後工程(パッケージング)のボンダメーカーである新川(6274)は半導体業界で50年以上の経験と実績をもつ老舗。17/3期は売上計画未達成ながら08/3期以来の営業黒字化と受注大幅増加が予想されている。
詳しく見る

2017/02/13   企業動向シリーズ#11 半導体モールディング装置世界トップのTOWA

TOWA(6315)は半導体モールディング装置世界シェア30%強を誇る半導体後工程の製造装置メーカーである。17/3期3Qは主力モールディング装置が中国向け、指紋認証デバイス向け活況で大幅増益となった。18/3期はコンプレッション技術寄与に加えシンギュレーション拡大も追い風に最高益更新の見込みとなっている。
詳しく見る

2017/02/09   企業動向シリーズ#10 日本ピラー工業 半導体製造装置向け活況で再増額修正

メカニカルシール大手の日本ピラー工業(6490)は半導体製造装置向け好調で今季に加え来季も3次元、微細化で収益力アップ続く見込み。増収増益が続く。
詳しく見る
1