メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/09/28   DRコンゴ Gle...
2020/09/28   NEDO、高効率な...
2020/09/28   丸紅、岐阜県安八郡...
2020/09/28   水質は基準値を下回...
2020/09/28   国内産業用ロボット...
2020/09/28   談論風爽より 「逆...
2020/09/28   軽自動車含めた中古...
2020/09/28   2020年8月伸銅...
2020/09/28   中国の電炉のスプレ...
2020/09/28   中国向け銅と亜鉛の...
2020/09/28   主要非鉄の総在庫量...
2020/09/28   LMEの現物と先物の鞘
2020/09/28   非鉄市況と各社想定...
2020/09/28   中国鉄鋼需給(9月...
2020/09/28   中国高炉メーカーの...
2020/09/28   米国および中国、ト...
2020/09/28   鉄鉱石・石炭の契約...
2020/09/28   先週の中国内電極価...
2020/09/28   国内銅・亜鉛建値引...
2020/09/28   伊豆市最大の環境汚...

BDSVはE-Scrapの回収とリサイクルに柔軟性を要求

2020.08.13 11:27

 ドイツに本拠を置くドイツ連邦議会議事堂と(BDSV) は、廃棄された電子機器のアイテムをより柔軟に収集することを目指しており、民間部門のスクラップリサイクル業者による積極的な支援は、国内の電子機器スクラップの回収率とリサイクル率の顕著な改善につながる可能性があると指摘している。

 

 協会は、ドイツの家庭からの古い電子機器の収集の仕事は、電気貿易会社と公共廃棄物処理会社の役割であると指摘。この方法により、地元住民には適切な処分オプションが提供されることになるが、国が欧州連合(EU)によって設定された電子廃棄物収集の割り当てを達成できるかどうかは非常に疑わしい。

 

 地方自治体のリサイクルセンターには簡単にアクセスできない、または労働時間が不利であるという市民からの苦情が繰り返し寄せられている。場合によっては、やむなくデバイスの多くを違法に処分する可能性がある。 この解決策として、民間のスクラップ会社は、古いデバイスを受け入れることを許可されなければならない。それによって収集ポイントの数が増加する可能性があり、その結果、デバイス、特に大型電気製品の収集率が向上につながる可能性がある。 

 

 

(IRUNIVERSE)

 

 

関連記事