メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/03/02   東京製鐵:スクラッ...
2021/03/02   JFEスチール、樹...
2021/03/02   VanadiumW...
2021/03/02   東京製鐵、鉄スクラ...
2021/03/02   電力制限で内モンゴ...
2021/03/02   ニッケル高、電池向...
2021/03/02   実装前半導体メモリ...
2021/03/02   国際亜鉛協会(IZ...
2021/03/02   神戸製鋼所:ロシア...
2021/03/02   2月のアルミ概況お...
2021/03/02   2月の銅の概況及び...
2021/03/02   酸化コバルト輸入R...
2021/03/02   紛争鉱物の一丁目一...
2021/03/02   炭酸リチウム輸入R...
2021/03/02   伊藤園、アルミレス...
2021/03/02   米バイデン政権 サ...
2021/03/02   ステンレス鋼材国内...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   水酸化リチウム輸入...
2021/03/02   どこから来るの?水...

TitaniumToday2020#7 資源税でチタン鉱石価格上昇、酸化チタンは値上げ気運 スポンジは低迷

2020.09.16 13:24

 中国国内のチタン製品市場では新規注文数が増加し、多くの製品が価格を引き上げる見込み。二酸化チタン市場は、中国主要企業が主導して価格を引き上げているため、市場全体の信頼が大幅に高まっている。国内チタン精鉱とチタンスラグの市場価格もそれに応じて改善している。

 

 一方で、高チタンスラグや四塩化チタンは相場が堅調に推移しているものの、スポンジチタン市場での長期的な低価格販売が続いており弱含み。

 

 

チタン精鉱価格の推移(USD/ton イルメナイトTIO2/50%)半年

グラフ

 

 

酸化チタン価格の推移(USD/ton ルチルTIO2/95% FOBChina)半年

グラフ

 

 

チタン精鉱  

 最近は中国四川省地域のチタン鉱石市場での引き合いが比較的活発に動いている。新しい注文は行き詰まっているが、全体的な価格はわずかに上昇している。

 盤西地方でチタン精鉱の価格が上昇する主な理由は次のとおりです。

 

  1、9月1日からの資源税の上昇により、地元のチタン鉱石原料のコストが再び上昇し、同時に調達も困難になっている。

  2、主要工場の価格上昇により、鉱山企業の価格上昇への信頼が高まった。

  3、二酸化チタン市場は、地元の鉱山労働者が価格を引き上げるのを支援するために、再び価格引き上げ期に入った。

 

 国際的なチタン鉱石(イルメナイト)市場の現在のパフォーマンスはあまり楽観的ではないが強いまま。国内の川下メーカー(ユーザー)の多くは、原材料の購入をためらっている。したがって、ほとんどが安定した実行状態にある一部の長期注文を除いて、多くの新規顧客の注文は明らかに行き詰まっている。

 

 9月にはベトナムのチタン鉱石(イルメナイト)の輸出割当が発令され、国内バイヤーからの引き合いが増えたものの、実際に売買されたものは少ない。

 

 スリランカのチタン精鉱(50%)は基本的に最近は取引されていない。

 

 結局、サプライヤーのオファーは高すぎ、中国国内企業は食指を伸ばすことができなかった。モザンビークやケニアなどの現在の主流のサプライヤー国からの供給は減少しており、需給は均衡。ケニアからのチタン精鉱(48%)のオファー価格は約230米ドル/トンのまま。

 

 

二酸化チタン

 9月に入って、国内の多くの二酸化チタン企業が価格の引き上げを強く期待している。9月7日、Lomon Billionsは、会社のさまざまな種類の二酸化チタン(硫酸二酸化チタンと塩化二酸化チタンを含む)の価格が、さまざまな国内の顧客に対して500元/トン、100米ドル/トンになると発表した。 今回の大手企業の値上げはタイムリーだったと言える。二酸化チタンの価格が上昇する主な理由は次のとおり。

 

  1、二酸化チタンの海外貿易市場は改善し続けている。

  2、チタン精鉱の価格は上昇し続け、コストも増加。

  3、値上げ期間中、内需も改善。

  4、ほとんどの二酸化チタン企業は、主流のブランドに対してタイトなスポット供給を行っている。

 

 

チタンスラグ

 最近、中国国内の酸性チタンスラグ市場での新規注文は次々と署名され、販売されている。それらのほとんどは古い顧客間の長期的な協力に基づいているが、新しい注文の価格は最近、ある程度まで上昇している。

 

 川下の市況改善への支援を除いて、原材料(チタン精鉱)の値上げも不可欠。資源税や尾鉱の補修などの影響を受け、雲南地区でのチタン精鉱の購入は容易ではなく、価格も高い。地元の酸性チタンスラグ会社が低レベルでコストを管理することは困難。

 

 したがって、国内の酸性チタンスラグの市場価格は安定している。

 

 

チタンスポンジ

 中国国内のチタンスポンジ企業はまだ以前の注文を積極的に処理している。現在、市場からの問い合わせは比較的安定しており、新規受注は少ない。実際の価格は比較的強いが、突破口を開くことは困難。国内市場でのスポンジチタンの価格は前期に比べて若干改善されているが、実際のところ、ほとんどのメーカーでは現在の価格では利益はとれない。より高いコストで損失を被る企業もある。そのため、国内のスポンジチタン企業の中には、注文が比較的多い昨今、値上げを強く望んでいるところがある。そして、個々の企業はすでに価格調整計画を策定し始めている。中国国内のスポンジチタン価格はトン当たり45,000~50,000元(99.7%)で推移している。1年前のほぼ半値。

 

 

中国スポンジチタン価格推移(99.7% USD/kg China)1年

グラフ

 

 

四塩化チタン

 中国国内の多くの四塩化チタンメーカーは、主に古い顧客との長期的な協力関係を維持しています。高チタンスラグの新しい注文価格は最近少し緩やかになったが、塩素ガスの価格は安定していない。そして、塩素ガスの現在の価格は再び高水準に戻り、それにより四塩化チタン製造業者の生産コストは引き続き高い生産コストであり、利益を生み出すことが困難になっている。多くの四塩化チタンメーカーは値上げを強く望んでいるが、それは非常に困難な状況。結局のところ、四塩化チタン企業間の競争は激しい。価格の優位性は、多くの大手メーカーが市場シェアを獲得するための有利なツールとなっている。そのため、現時点では価格調整が困難。

 

 

(IRUNIVERSE)

 

 

関連記事