メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/10/31   フランスからの風:...
2020/10/31   MARKET TA...
2020/10/31   日本伸銅生産下期回...
2020/10/31   黒崎播磨:ユーザー...
2020/10/31   30日の中国鋼材ス...
2020/10/31   日本冶金:上期は会...
2020/10/31   日軽金HD:決算発...
2020/10/31   東京鉄鋼:上期業績...
2020/10/30   フェニックス202...
2020/10/30   エコネコル、国内で...
2020/10/30   モリブデン市場近況...
2020/10/30   VanadiumW...
2020/10/30   《Metal Pr...
2020/10/30   《Metal Pr...
2020/10/30   《Metal Pr...
2020/10/30   《Metal Pr...
2020/10/30   大手資源開発各社、...
2020/10/30   ユニリーバ 今後1...
2020/10/30   南ア政府 クロマイ...
2020/10/30   長期低迷から脱する...

LME相場急落で、国内銅建値20円引き下げ740円に

2020.09.24 10:33

 24日、JX金属は国内銅建値をキロ当たり20円引き下げ740円に改定。現在までの9月平均値は750円。9月6回目(スタート含む)の改定。 また亜鉛建値は据え置きのキロ当たり316円、現在までの平均値は314.2円。

 

 銅建値改定に連動して、黄銅棒メーカー日本伸銅は9月第6回目の真鍮削粉単価について11円引き下げの533円とした。

 

 LME銅相場は、前回改定時現地16日には、15年ぶりの在庫減少に新規キャンセルワラント(出荷先の決まった在庫)1,700トンの発生やドル安、根強い中国需要拡大期待などで反騰、現地15日には後半6,829.5ドルまで上伸、終盤高値からの転売が入ったものの、6,761.5ドルで引けていたが、現地23日に新型コロナ感染拡大再発懸念と米株安でリスク回避のドル高を受けて急落、前日比175.5ドル安、6,604.5ドルで大引けとなった。

 

 為替は前回TTS=106.74円に対し、足元106.45円で29銭円高ドル安。

 

 今回の値上げ改定はLME相場の急落が主要因で為替がそれに加わった。

 

 

LME銅相場グラフ 3ヶ月

グラフ

 

 

LME亜鉛相場グラフ 3ヶ月

グラフ

 

 

ドル円為替相場グラフ 3ヶ月

グラフ

 

 

表



(IRUNIVERSE S.Aoyama)

 

 

関連記事