メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2021/03/02   東京製鐵、鉄スクラ...
2021/03/02   電力制限で内モンゴ...
2021/03/02   ニッケル高、電池向...
2021/03/02   実装前半導体メモリ...
2021/03/02   国際亜鉛協会(IZ...
2021/03/02   神戸製鋼所:ロシア...
2021/03/02   2月のアルミ概況お...
2021/03/02   2月の銅の概況及び...
2021/03/02   酸化コバルト輸入R...
2021/03/02   紛争鉱物の一丁目一...
2021/03/02   炭酸リチウム輸入R...
2021/03/02   伊藤園、アルミレス...
2021/03/02   米バイデン政権 サ...
2021/03/02   ステンレス鋼材国内...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   水酸化リチウム輸入...
2021/03/02   どこから来るの?水...
2021/03/02   2020年の世界鉛...
2021/03/02   2021年2月LM...
2021/03/02   銅鉱石輸入Repo...

Volkswagen、電池、コバルトについて語る

2020.11.12 09:35

写真 昨年開始された大規模なEVキャンペーンをはじめ、Volkswagen Group は、近年の中国の電池メーカーや自動車メーカーとの提携で、EVの生産力を大幅に上げるべく意欲的なEV戦略を展開しているが、同グループ電池セルセンターを率いるFrank Blome 氏が、電池におけるバリューチェーンについて語ったインタビューを紹介する。

 

 

「VWの新EVモデルは、電池を中心に造られた」

 

Q: EVを購入する消費者は、これまでになかった初めての領域に入るわけだが、電池で車がこれまで通り機能すると確信が持てるのか?

 

A: もちろんだ。当社の新EVモデルは、電池を中心に開発しており、電池の搭載スペースを十分に取るようデザインしている。そのお陰で、550キロまでの走行を可能にし、手頃と言える価格帯を実現した。これまで電池のモジュールは、車のあちこちに搭載されていたが、今はコンパクトに車底の車軸の間に収まっている。これは、エネルギーの供給ポイントが車の中心に置かれているということで、これは当社のMEB *プラットフォームにおける大きなアドバンテージだと言える。

*Module Electric Drive Matrix

 

 

Q: Volkswagen Groupでは、電池におけるリサーチはどのように行われているのか?

 

A: グループのリサーチ部門に加えて、SalzgitterにあるCenter of Excellence が重要な役割を担っている。このセンターにはエキスパートが集結、先の開発を行っており、その分野は、電池セルから生産、リサイクルまで広範囲に及んでいる。同時に、高電圧センターも設けており、専門家によるテストが繰り返し行われている。車載用の電池は、使用前に非常に厳しい環境でのテストを長期に渡って行っている。

 

 

Q: 電池の製造においては、原材料の調達は重要な課題だ。原材料の調達先の採鉱場では、人権侵害が行われていないか会社として確認を行っているのか?

 

A: 当社のサプライヤーへは、採鉱場における人権問題へ適切な対応を行うよう厳しく要請し、また契約違反がないかの確認も行っている。児童労働や強制労働などから利益を得ようなどとは会社は考えていない。人権の擁護は、当グループにおけるサステナビリティ条件の中に含まれている事項だ。当社のサプライヤーのサブコントラクターにも環境、社会基準を満たすことに同意するよう義務付けている。

 

 

Q: コバルトは、中でも特に問題を抱える原材料とされている。グループとしてはどのように扱っているのか?

 

A: 当社で使っているコバルトは、産業用に採掘されたコバルトのみだ。小規模の違法な採掘場から調達されたコバルトを買っているような会社は、当社のサプライチェーンでは受け入れていない。また当社は、人権および環境保護を推進するイニシアティブにも加盟している。一例では、RIM (Responsible Minerals Initiative)で、この団体は、コバルトの製錬業者に対する認定システムを開発している。加えて、今後将来の電池に使われるコバルトの量は大幅に削減されるはずだ。それによって、コストの削減とエネルギー密度の上昇が期待される。中期的には、現在使っているコバルト12%から14%を5%以下に落とす計画だ。長期的には、コバルト無しの電池開発も不可能ではない。

 

 

Q: Volkswagen Groupは、70台近くのEVモデルの提供という大規模なE-モビリティキャンペーンを展開している。同時に大幅に上昇する電池需要に関するパートナーシップの役割は?

 

A: 当社の次世代MEBモデルは、現在電池セルの戦略的パートナーである3企業と一緒に作業を進めている。欧州用には、LG Chem社と SKI社、および 中国用には CATL社だ。SKIは、アメリカ市場用の電池セルも供給する。

 

 

Source:

 ・https://www.volkswagenag.com/en/news/stories/2019/04/our-batteries-last-the-life-of-a-car.html

 

 

(Y.SCHANZ)

 

 

関連記事