新着情報  - News -

2022/07/02   金属リサイクルから...
2022/07/02   インド:バルク買い...
2022/07/02   MARKET TA...
2022/07/02   7月第1週末の中国...
2022/07/02   加テック 炭素固定...
2022/07/02   アジア合成樹脂市況...
2022/07/01   阪和興業、連結総資...
2022/07/01   2022年06月 ...
2022/07/01   2022年06月 ...
2022/07/01   2022年06月 ...
2022/07/01   レアアース市場近況...
2022/07/01   バナジウム&モリブ...
2022/07/01   経産省 令和3年度...
2022/07/01   炭酸リチウム輸入R...
2022/07/01   欧州からの風#27...
2022/07/01   エレクトロラックス...
2022/07/01   ⼤同特殊鋼、東北大...
2022/07/01   太平洋セメント、米...
2022/07/01   リバー、中田屋(株...
2022/07/01   JX金属、Nano...

波乱万丈だったスズの先行きは?来月カナダで国際会議開催

2022.05.24 09:27

 

ロゴ

 

 

 地味ながらもITデジタル社会には欠かせないメタルのひとつ、スズは一昨年からこうしたデジタルdemandに牽引されトン2万ドルを超え、3万ドルを超え、今年3月には4万ドルも超えた。5万ドルも射程距離に入っていたが、他メタルと同様に中国のロックダウン拡大による素材需要の減少などでダウン。5月は下げに傾きやすい季節だが、今年はそれまでの高値もあり一気に1万ドルもの下げを喫したのが日本の連休明け。

 

 昨年から続く半導体およひ部品不足による自動車の減産、米利上げ、エネルギー高による欧州景気後退、終わりの見えないロシアウクライナ戦争。。とリスクはそこかしこに点在している。まかり間違えば世界景気が萎んでいく可能性も否定できない。

 

 

LMEスズ相場の推移 3年

グラフ

 

 

 スズリサイクラー、精錬業者にとっては、短期的にはマイナスが膨らんだこの5月だが、今後は?

 

 というターニングポイントを迎えているなか、来月早々に国際スズ協会はカナダのトロントで国際会議を行う。

 

 要旨は以下。6月7日〜9日までトロントに世界のスズ関係者が一同に会する。日本およひ日系企業も出席する。

 

https://www.internationaltin.org/2022-international-tin-conference/

 

 MIRUでは会議が始まる7日から現地の雰囲気含めて速報を配信していく。

 

 

(IRuniverse YT)

 

 

関連記事