新着情報

2024/02/21   MARKET TA...
2024/02/21   EUの新たな輸入管...
2024/02/21   欧州のEV充電スタ...
2024/02/20   2023年年間シリ...
2024/02/20   出光:北海道で国内...
2024/02/20   三和油化 半導体関...
2024/02/20   SUSscrap ...
2024/02/20   アルミUBC自治体...
2024/02/20   日本電気硝⼦株式会...
2024/02/20   国内酸化チタンPS...
2024/02/20   国内伸銅品PSI実...
2024/02/20   ジルコニウム輸出入...
2024/02/20   はんだ輸出入レポー...
2024/02/20   タングステン市場近...
2024/02/20   中国のタンタル市場...
2024/02/20   中国の生態環境部は...
2024/02/20   国内パソコン出荷2...
2024/02/20   2023年年間 鉛...
2024/02/20   脱炭素の部屋#15...
2024/02/20   MARKET TA...

特定重要物資の指定によるサプライチェーン強化の重要性を指摘――日本鉱業協会会見

 日本鉱業協会は24日都内で定例記者会見を開き、納武士会長(三井金属鉱業社長)らが非鉄金属業界・市況を取り巻く環境などについて報告した。その中で、特に10月に政府が示した「特定重要物資」の指定によるサプライチェーンの強化について、「有事に備えた安全保障の観点で、極めて重要だ」と、その必要性を強調した。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る