新着情報

2023/12/11   エルケムのシリコン...
2023/12/11   シームレスパイプの...
2023/12/11   レゾナックHD:サ...
2023/12/11   レゾナックHD:サ...
2023/12/11   三菱マテリアル:経...
2023/12/11   貴金属PGM市場近...
2023/12/11   E-Scrap市場...
2023/12/11   酸化セリウム輸入R...
2023/12/11   亜鉛地金輸出Rep...
2023/12/11   豪石油1位と2位が...
2023/12/11   東京製鐵の鉄スクラ...
2023/12/11   タンタル原材料輸出...
2023/12/11   タンタル原材料輸出...
2023/12/11   2023年10月ア...
2023/12/11   急増する在庫でLM...
2023/12/11   2023年1-8月...
2023/12/11   コスモ石油とバンチ...
2023/12/11   神鋼環境ソリューシ...
2023/12/11   CNFは次世代の素...
2023/12/11   微生物が作りだすプ...

インドネシア WTOのニッケル鉱石輸出禁止を巡る係争で敗訴、控訴を計画

 インドネシア共和国のArifin Tasrifエネルギー鉱物資源大臣は21日、同国国会(DPR)第7委員会の公聴会で、WTOパネルが10月17日に最終報告書(WTO DS 592)を発表し、インドネシア政府のニッケル鉱石輸出禁止と鉱物精錬の義務・加工はWTO規定に違反していると結論付けたことを明らかにした。21日付けの現地メディアの報道を引用する形で、JOGMECがニュース・フラッシュとして伝えた。

 

 Arifin大臣は、今回のWTOパネルの決定について、「上訴の機会はまだある」と述べ、WTOの裁定にもかかわらず、インドネシア政府は、国内の川下産業の発展を加速させるために、他の鉱産物の輸出を禁止する計画を進めると付け加えたという。

 

(IRuniverse G・Mochizuki)

関連記事

関連記事をもっと見る