新着情報

2024/02/21   サイクラーズとアス...
2024/02/21   アミタHD 三井住...
2024/02/21   日本アビオニクス(...
2024/02/21   環境省 令和5年度...
2024/02/21   大栄環境(9336...
2024/02/21   MARKET TA...
2024/02/21   EUの新たな輸入管...
2024/02/21   欧州のEV充電スタ...
2024/02/20   2023年年間シリ...
2024/02/20   出光:北海道で国内...
2024/02/20   三和油化 半導体関...
2024/02/20   SUSscrap ...
2024/02/20   アルミUBC自治体...
2024/02/20   日本電気硝⼦株式会...
2024/02/20   国内酸化チタンPS...
2024/02/20   国内伸銅品PSI実...
2024/02/20   ジルコニウム輸出入...
2024/02/20   はんだ輸出入レポー...
2024/02/20   タングステン市場近...
2024/02/20   中国のタンタル市場...

太洋サービス(中)〜バイオマス資源の多様な可能性を、探っていく

 太洋サービスの、現在の中心的な事業所は、前回紹介した、焼却施設はじめ、さまざまな産廃処理設備を設置する「篠崎工場」で、ここの稼働は8年ほど前になることは記した。そして、その前の事業所としていた第一工場および第二工場(どちらも現在休止中)には、これから約4年後を目処に、食品残渣を微生物発酵させ、このメタンガスを燃料とする「バイオマス発電所」の建設が計画されており、現在行政方面と建設手続きの最中であるという。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る