新着情報

2024/02/27   白黒レンガ業績比較...
2024/02/27   はんだ国内生販在R...
2024/02/27   2024年1月伸銅...
2024/02/27   日本製鉄:米政権が...
2024/02/27   脱炭素の部屋#15...
2024/02/27   LME Weekl...
2024/02/27   電池生産で自律を目...
2024/02/27   MARKET TA...
2024/02/26   ギニアの採掘・探査...
2024/02/26   EUの炭素国境調整...
2024/02/26   米大手SUS&Ni...
2024/02/26   中国・紫金鉱業、チ...
2024/02/26   工具生販在Repo...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   二次電池PSI-R...
2024/02/26   国内半導体生販在R...
2024/02/26   国内FPD製造装置...
2024/02/26   国内半導体製造装置...
2024/02/26   アジア合成樹脂市況...

北陸電力 太陽光パネル廃棄ガラス活用ブロック開発(同社技術)〜万博パビリオンで採用

 北陸電力株式会社は、2025 年に開催される日本国際博覧会(大阪・関西万博)における電気事業連合会のパビリオン「電力館 可能性のタマゴたち」に同社が開発した太陽光パネル廃棄ガラスと同社産フライアッシュ※1を混合した「インターロッキングブロック※2」を採用すると発表した。

 

 

 今後、発電の役割を終えた太陽光パネル由来のガラスが大量に廃棄されることが社会的な問題となりつつある。同社はこれまで、太陽光パネル廃棄ガラスの利用方策として、フライアッシュの利活用で知見を有するコンクリート製品への利用を検討してきた。一般的にガラスをコンクリートに混合した場合、アルカリシリカ反応※3が発生する課題があり、同社はその反応を抑制するための研究を進め、太陽光パネル廃棄ガラスと同社産フライアッシュの混合により、一定の強度を保ちつつ、アルカリシリカ反応を抑制できる「インターロッキングブロック」を開発した。

 

 また、この度、2025 年に開催される大阪・関西万博で電気事業連合会が出展するパビリオン「電力館 可能性のタマゴたち」において、当社が開発した「インターロッキングブロック」が構内舗装(約 1,000 ㎡)に採用されることとなった。今後、太陽光パネル廃棄ガラスの大量発生を見据え、同製品の更なる品質向上・技術確立を進めていくという。

 

※1 フライアッシュ
石炭火力発電所で石炭を燃やした後に電気集塵器で採取される微粉末の灰
※2 インターロッキングブロック
舗装に用いるコンクリートブロックの一種
※3 アルカリシリカ反応(ASR)
コンクリートの劣化現象のひとつで、骨材とアルカリが反応し、骨材が膨張することにより、コンクリート表面にひび割れが発生する現象

 

(IR universe rr)

関連記事

関連記事をもっと見る