新着情報

2024/06/18   JX金属:次世代半...
2024/06/18   三菱マテリアル:電...
2024/06/18   レアアース市場近況...
2024/06/18   トクヤマ PVC価...
2024/06/18   貴金属PGM市場近...
2024/06/18   ここは日本か?海外...
2024/06/18   国内酸化チタンPS...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   二次電池PSI-R...
2024/06/18   カナダ政府、レアア...
2024/06/18   中国ステンレス業界...
2024/06/18   経産省、チリとの鉱...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   韓国2024年5月...
2024/06/18   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/06/18   Americas ...
2024/06/18   脱炭素の部屋#17...
2024/06/18   MARKET TA...

「リスク分散の観点から調達先の多様化を進めている」――最新の国内銅スクラップ輸入動向

 高齢化や経済成長の停滞によりスクラップ発生薄という構造的な問題を抱えた国内銅スクラップ市場。近年ではそれらに加え、中華系業者の台頭により、国内ではスクラップの集荷競争が激化する一方だ。その穴埋めのため、海外からピカ線、バーチクリフなどのスクラップ輸入が増えているのは、よく知られているところである。「リスク分散の観点からも調達先の多様化を進めている」(複数関係者)との声も出ており、その重要性は一段と高まっている。ただ、その現場は意外なほど知られていない。最新の銅スクラップ輸入事情に迫ってみた。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る