新着情報

2024/07/25   NEDO、重希土フ...
2024/07/25   MRAI第二回国際...
2024/07/25   スキー場跡地をバイ...
2024/07/25   液化水素サプライチ...
2024/07/25   インドネシア産中間...
2024/07/25   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/25   伊藤忠丸紅鉄鋼、ス...
2024/07/25   CO2排出しない純...
2024/07/25   日本製鉄:宝山鉄鋼...
2024/07/25   原油価格の動向(7...
2024/07/25   宇津木金属、リユー...
2024/07/25   住友金属鉱山:モレ...
2024/07/25   元鉄鋼マンのつぶや...
2024/07/25   MARKET TA...
2024/07/25   【CEシンポ登壇企...
2024/07/24   SUSscrap ...
2024/07/24   Fe Scrap ...
2024/07/24   廃コンクリートにC...
2024/07/24   阪和グループの正起...
2024/07/24   世界の粗鋼生産量:...

元鉄鋼マンのつぶやき#4 日本製鉄がUSスチールを買収する真の狙いは?その2

(その1からの続き元鉄鋼マンのつぶやき#3 日本製鉄がUSスチールを買収する真の狙いは?)  トランプ前大統領は、いろいろな意味で異色の存在でした。2016年の米国大統領選挙で、彼はペンシルベニア州の炭鉱を訪問し「炭鉱労働者の職を奪う地球温暖化対策などくそくらえだ。俺は米国の労働者の雇用を守る」と宣言しました。  それ以降、五大湖周辺のラスティベルト(錆びついた工業地帯)や南部の製造業の地域を訪問し、プアーホワイトと呼ばれる白人労働者階級の人々に雇用を守ると訴えました。これはある意味で画期的なことです。  それまで労働者階級を味方にするのは民主党と相場が決まっており、共和党は富裕層や企業経営者を味方にするものと思われていたからです。労働者階級といっても、そこには保守層もいればリベラル層もいます。トランプはその中の保守層をうまく取り込みました。彼はアメリカファーストのスローガンを掲げ、産業や雇用が外国に奪われたり、野放図に移民を受け入れることは、米国労働者の生活を奪うものであり、阻止すべきだ・・と訴えたのです。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る