新着情報

2024/07/12   デコ活、1642の...
2024/07/12   黒谷、不採算案件の...
2024/07/12   津軽バイオマスエナ...
2024/07/12   環境産業の市場規模...
2024/07/12   リテールパートナー...
2024/07/12   DENZAI&ベス...
2024/07/12   インドJSWste...
2024/07/12   中国で銅在庫が急増...
2024/07/12   インドネシアHar...
2024/07/12   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/12   世界の半導体需要と...
2024/07/12   インドSMEL社 ...
2024/07/12   2024年5月の国...
2024/07/12   中国 次世代電池技...
2024/07/12   中国の鉄鋼貿易業者...
2024/07/12   EUの「包囲」が予...
2024/07/12   中国 動力電池の回...
2024/07/12   レアアース業界初の...
2024/07/12   上半期、欧州に輸出...
2024/07/12   鉄鋼・非鉄関連会社...

三菱重工、ベルギーで世界初のCO2変換技術の実証試験

 三菱重工業は、鉄鋼世界大手のアルセロール・ミタルとともに、回収した二酸化炭素(CO2)を鉄鋼や化学製品の原料となる一酸化炭素(CO)に変える技術について、アルセロール・ミタルのゲント製鉄所(ベルギー)で、実証試験を始める、と発表した。CO2再利用の先進技術を持つベルギーのディ・カーボンと協働する。実証試験は、CO2排出量を削減するために開発されたディ・カーボンのプラズマ変換技術を初めて適用するという。こうした実証は、製鉄所としては世界で初めてになる。

 

 ディー・カーボンは、プラズマでCO2をCOに変換する技術を持つ。再生可能エネルギー電力で、炭素と酸素の結合をプラズマで切り離すことで、CO2をCOに変換する。できたCOは高炉で使うコークスや原料炭の一部代替として製鉄プロセスに利用されたり、ゲント製鉄所で化学品や代替燃料製造の原料にも活用できる。

 

 この技術に必要とされるのは、高純度なCO2。ゲント製鉄所で高炉ガスと圧延再加熱炉の排ガスからCO2を回収する実証試験に使われている三菱重工のCO2回収装置から供給される。

 

 

(IRuniverse Kogure)

 

 

関連記事

関連記事をもっと見る