新着情報

2024/07/12   デコ活、1642の...
2024/07/12   黒谷、不採算案件の...
2024/07/12   津軽バイオマスエナ...
2024/07/12   環境産業の市場規模...
2024/07/12   リテールパートナー...
2024/07/12   DENZAI&ベス...
2024/07/12   インドJSWste...
2024/07/12   中国で銅在庫が急増...
2024/07/12   インドネシアHar...
2024/07/12   東京製鐵 鉄スクラ...
2024/07/12   世界の半導体需要と...
2024/07/12   インドSMEL社 ...
2024/07/12   2024年5月の国...
2024/07/12   中国 次世代電池技...
2024/07/12   中国の鉄鋼貿易業者...
2024/07/12   EUの「包囲」が予...
2024/07/12   中国 動力電池の回...
2024/07/12   レアアース業界初の...
2024/07/12   上半期、欧州に輸出...
2024/07/12   鉄鋼・非鉄関連会社...

元鉄鋼マンのつぶやき#18 時効硬化について考える

有史以前からヨーロッパや中国には錬金術師と呼ばれる怪しげな化学者がいました。錬金術師とは金以外の元素を混合・化合させて金を作り出すことを研究した人達です。複数の金属を合金にして単体の金属つまり金を作り出すことなど不可能というのは、現代なら中学生でも理解していますが、中世以前は元素の概念があいまいで、錬金術を信じる人もいたでしょう。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事

関連記事をもっと見る