メタル・カテゴリー閉じる

過去の記事

経済総合

2020/02/28   工作機械業界(2020年1月調査確報)コロナダメージで大幅減額予想

2020年1月受注は35.6%減の808億円と6カ月連続1000億円割れ
日本工作機械工業会が1/20に2020年1月の受注額確報を発表している。受注額は808億円(35.6%減)と16カ月連続前年同月比割れ、6カ月連続1000億円割れ、6年11ヶ月ぶり810億円割れに。国内外とも米中摩擦影響を受け設備投資環境の悪化が続いている。
詳しく見る

2020/02/28   環境ビジネス問わず語り タイ・バンコクで見たコロナウィルス騒ぎ

去る2月25日、すでに中国人観光客の姿をほとんど見かけなくなった成田空港から、これまたビジネス客はほとんど見かけないLCC便で取材のためバンコクへと向かいました。機内は、卒業旅行の大学生らしきグループや観光客で、それでもほぼ満席状態だったのですが、いつもと変わったことと言えば、入国審査の直前にサーモグラフィのところで手のアルコール消毒を求められたくらいで、タイへはごくスムーズに入国することができました。
詳しく見る

2020/02/25   マクロ経済 月次レポート(2月)コロナ禍に引き続き注意が必要

中国・武漢における新型コロナウイルスが世界に飛び火したことで、米中貿易合意も注目度が下がり、株価急落、国債利回り急低下、為替もドル円で見れば急速なドル安円高となった。
詳しく見る

2020/02/24   中国の2月度乗用車販売台数 コロナショックで前年比7~9割減

 当然のことながらだが、中国における乗用車販売台数はコロナショックの影響で急減激減している。中国乗用車協会(CPCA)のデータによると、中国での乗用車の販売台数はコロナウイルスの流行により2月の最初の2週間で前年比92%減と急落した。

詳しく見る

2020/02/21   IRRSG2020第2回「5G時代に生きるマテリアル~featuringTa&Nb」4/17開催

この度4月17日(金)に「5G時代に生きるマテリアル~featuringTa&Nb」を開催する運びとなりました。

昨年3月には、TIC (TANTALUM-NIOBIUM INTERNATIONAL STUDY CENTER)の支援を受けて「タンタルニオブサミットjapan」を行いたしましたが、
今回もTIC会長であるDr.ダニエルバーフィシコ氏の協力のもと開催致します。
詳しく見る
1