レアアース  

 グラフ


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

月平均値(仲値)


こちらは会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

金属セリウム(99%min in China)のデータについて

写真元素記号は Ce。セリウムの名は準惑星ケレスに因んでいる。セリウムは希土類元素として最も豊富に存在して、地殻中に質量パーセント濃度で0.046 %含んでいる。さまざまな鉱物中で見つかり、最も重要なのはモナザイトとバストネサイトである。セリウムの商業的な主用途はFCC触媒、排出物を還元するための燃料への添加剤、ガラス、エナメルの着色剤などがある。酸化物はガラス研磨剤、スクリーンの蛍光体、蛍光灯などで重要な成分。蛍光体では青色。
古くライターの発火石としても使われた。セリウムは酸素吸蔵能力が高いことからミッシュメタル、ガス中の過剰な酸素を吸収する能力がある。
セリウムの最も有名な需要はガラス研磨材。1950年代から酸化セリウムを主体とした混合希土類のガラス研磨材が用いられてきたが、板硝子業界に登場したPilkington(ピルキントン)法(=フロート法)による錫を用いた連続研磨法によりガラス研磨向け需要は大幅に減少。半導体シリコンウェハーの表面仕上げ研磨材では酸化セリウムが最適であるため、この需要は残っている。高純度セリウムは化学反応でガラスを研磨する。プラスチック顔料には着色性が良いことで硫化セリウムが用いられる。
また化粧品分野でもセリウムは活躍。肌上で活性酸素の発生率が低いという機能性を活かし、紫外線(UV)カットの化粧品に使われる。かつてはセリガードというそのものズバリの化粧品があった。またDNAを切断する際にもセリウムが用いられる。

関連記事