メタル・カテゴリー閉じる

新着情報  - News -

2020/07/03   豪州鉄鉱石価格は2...
2020/07/03   航空宇宙の業界危機...
2020/07/03   2020年5月 鉄...
2020/07/03   日立金属、黄銅・銅...
2020/07/03   東京製鐵、鉄スクラ...
2020/07/03   銅棒輸入Repor...
2020/07/03   銅板輸出Repor...
2020/07/03   「スマートシティ」...
2020/07/03   ドクターE 江守哲...
2020/07/03   バイオマスからの水...
2020/07/03   《Metal Pr...
2020/07/03   《Metal Pr...
2020/07/03   《Metal Pr...
2020/07/03   《Metal Pr...
2020/07/03   サントリーら12社...
2020/07/03   中国鉄鋼は内需主導...
2020/07/03   ドクターE 江守哲...
2020/07/03   ロシア ニッケル、...
2020/07/03   MARKET TA...
2020/07/03   マレーシアの錫製錬...

環境省、経産省 家電4品目の回収数値目標を設定 不正輸出防止で

2014.11.27 08:11

環境、経済産業両省は25日、テレビなど4品目の使用済み家電製品について、メーカーが引き取る回収率の数値目標を来年4月に定める方針を決めた。現状では70%に満たない回収率を向上させ、後を絶たない不正輸出や不法投棄の防止につなげる狙い。

メーカーや自治体関係者らで構成する両省の合同審議会で、具体的な数値を検討する。家電リサイクル法は4品目の廃家電をメーカーが小売業者などを通じて回収することを義務付けている。

 

環境省の推計では2012年に廃棄された1702万台のうちメーカーが回収したのは67%の1134万台。業者や個人が中古品として販売したものが410万台、スクラップ業者の引き取りが132万台、不法投棄は12万台とされている。

 

(IRUNIVERSE)

 

関連記事