新着情報  - News -

2018/04/24   インドネシアのグラスベル...
2018/04/24   インドネシアの錫輸出一時...
2018/04/24   BHPビリトン 豪州WA...
2018/04/24   リサイクル業界の課題難題...
2018/04/24   インドネシアのニッケル鉱...
2018/04/24   インドネシア政府 ニッケ...
2018/04/24   台湾の銅スクラップ輸出入...
2018/04/24   2018年3月伸銅品生産...
2018/04/24   2018年2月電子工業生...
2018/04/24   SUS鋼材市場近況201...
2018/04/24   Japan’s Zapp...
2018/04/24   韓国の電炉メーカー軒並み...
2018/04/24   米の露RUSAL制裁緩和...
2018/04/24   ガスのスイッチング件数:...
2018/04/24   Graphite Ele...
2018/04/24   MARKET TALK(...
2018/04/24   23日の石炭:豪州炭FO...
2018/04/24   23日の鉄鉱石:豪州産1...
2018/04/24   YOSHIの独り言#61...
2018/04/23   廃プラ&古紙市場近況20...

鉄鉱石マーケットweekly 5月第3週

2015.05.25 16:10

 海上貿易鉄鉱石価格は、週開け3日間下落し、その後上昇に転じた。週比では、Argus ICXによる中国の輸入鉄鉱石価格(鉄含有量62%)は5月22日、トン当たり90セント下落してトン当たり58.25ドル。一方、鉄分58%はトン当たり2.40ドル下落して、トン当たり52.05ドルとなった。鉄分65%はトン当たり55セント上昇して、トン当たり65.90ドルとなった。

 

 中国長江流域の約20の製鋼所は5月21日、非公開の会議を開催した。出席者の一人は鉄鋼市場には回復の見込みなく、鉄鉱石価格は6月も低迷が続くと思われ、鉄鉱石(鉄分62%)の基本価格の短期的予測はトン当たり50~55ドルとコメント。この会議に出席した複数の製鋼所によれば、鉄鉱石在庫は15日間操業する分程度。中国南部を拠点とするあるトレーダーは、「鉄鉱石価格はトン当たり60ドル台に上昇が見込まれるが、鉄鋼相場の低迷によりそれ以上の上昇はないだろう」とコメントしている。

 

グラフ

 

(IRuniverse Sasaki)

 

関連記事