新着情報  - News -

2018/01/22   企業動向シリーズ#100...
2018/01/22   ホンダが目指す2030年...
2018/01/22   特定有害廃棄物等の輸出入...
2018/01/22   硫酸ニッケル市場近況20...
2018/01/22   タンタルWatch201...
2018/01/22   古河電工の南米グループ会...
2018/01/22   神戸製鋼と三菱マテリアル...
2018/01/22   東京製鐵 2月製品販価は...
2018/01/22   19日の鉄鉱石:国際価格...
2018/01/22   19日の石炭:豪州炭FO...
2018/01/22   中国の大手銅箔基板Kbl...
2018/01/22   EVから自動運転へのシフ...
2018/01/22   中国NCMプリカーサ相場...
2018/01/22   国内銅建値続落 10円下...
2018/01/22   日本国内のクルマの電子化...
2018/01/22   自動車が求めるエンジン性...
2018/01/22   リチウム・アメリカズ、ニ...
2018/01/22   中国SASAC、石炭、電...
2018/01/22   金銀相場概況1月第3週 ...
2018/01/22   PGM相場概況1月第3週...

鉄鉱石マーケットweekly 5月第3週

2015.05.25 16:10

 海上貿易鉄鉱石価格は、週開け3日間下落し、その後上昇に転じた。週比では、Argus ICXによる中国の輸入鉄鉱石価格(鉄含有量62%)は5月22日、トン当たり90セント下落してトン当たり58.25ドル。一方、鉄分58%はトン当たり2.40ドル下落して、トン当たり52.05ドルとなった。鉄分65%はトン当たり55セント上昇して、トン当たり65.90ドルとなった。

 

 中国長江流域の約20の製鋼所は5月21日、非公開の会議を開催した。出席者の一人は鉄鋼市場には回復の見込みなく、鉄鉱石価格は6月も低迷が続くと思われ、鉄鉱石(鉄分62%)の基本価格の短期的予測はトン当たり50~55ドルとコメント。この会議に出席した複数の製鋼所によれば、鉄鉱石在庫は15日間操業する分程度。中国南部を拠点とするあるトレーダーは、「鉄鉱石価格はトン当たり60ドル台に上昇が見込まれるが、鉄鋼相場の低迷によりそれ以上の上昇はないだろう」とコメントしている。

 

グラフ

 

(IRuniverse Sasaki)

 

関連記事