新着情報  - News -

2018/10/15   村田製作所「Ceatec...
2018/10/15   村田製作所 IoT機器に...
2018/10/15   三菱マテリアル 北米テク...
2018/10/15   ニッケル水素二次電池、高...
2018/10/15   9月の民間航空機受注納入...
2018/10/15   日本のリチウムイオン二次...
2018/10/15   2018年8月二次電池輸...
2018/10/15   8月の人造黒鉛電極国内平...
2018/10/15   緊張続く中、米国によるト...
2018/10/15   ステンレス生産で存在感増...
2018/10/15   グリーンピース、海洋ゴミ...
2018/10/15   コデルコ、チュキカマタと...
2018/10/15   英CNM、ザンビアのムナ...
2018/10/15   ダライ粉のブリケット化で...
2018/10/15   ガスのスイッチング件数:...
2018/10/15   まさに巨人の歩み〜NEV...
2018/10/15   自動車産業における鍛造技...
2018/10/15   12日の鉄鉱石:豪州産C...
2018/10/15   12日の石炭:豪州炭FO...
2018/10/15   ダスト問題待ったなし 全...

鉄鉱石マーケットweekly 5月第3週

2015.05.25 16:10

 海上貿易鉄鉱石価格は、週開け3日間下落し、その後上昇に転じた。週比では、Argus ICXによる中国の輸入鉄鉱石価格(鉄含有量62%)は5月22日、トン当たり90セント下落してトン当たり58.25ドル。一方、鉄分58%はトン当たり2.40ドル下落して、トン当たり52.05ドルとなった。鉄分65%はトン当たり55セント上昇して、トン当たり65.90ドルとなった。

 

 中国長江流域の約20の製鋼所は5月21日、非公開の会議を開催した。出席者の一人は鉄鋼市場には回復の見込みなく、鉄鉱石価格は6月も低迷が続くと思われ、鉄鉱石(鉄分62%)の基本価格の短期的予測はトン当たり50~55ドルとコメント。この会議に出席した複数の製鋼所によれば、鉄鉱石在庫は15日間操業する分程度。中国南部を拠点とするあるトレーダーは、「鉄鉱石価格はトン当たり60ドル台に上昇が見込まれるが、鉄鋼相場の低迷によりそれ以上の上昇はないだろう」とコメントしている。

 

グラフ

 

(IRuniverse Sasaki)

 

関連記事