新着情報  - News -

2022/10/04   銅板輸出Repor...
2022/10/04   ステンレス鋼材国内...
2022/10/04   銅条輸出Repor...
2022/10/04   脱炭素の部屋#83...
2022/10/04   鉄鋼輸出入実績詳細...
2022/10/04   炭酸リチウム輸入R...
2022/10/04   SUSscrap ...
2022/10/04   アルミ合金&スクラ...
2022/10/04   水酸化リチウム輸入...
2022/10/04   富士紡HD(310...
2022/10/04   銅鉱石輸入Repo...
2022/10/04   精製銅輸出Repo...
2022/10/04   9月LNG近況 冬...
2022/10/04   MARKET TA...
2022/10/03   2022年1-7月...
2022/10/03   日本の中古車輸出動...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   NESTE、出光興...
2022/10/03   古河電池 市販向け...
2022/10/03   DOWAホールディ...

亜鉛徒然草#17(番外編その2) 交流電化開発を手掛けた企業の今

2017.02.16 10:12
世界初の実用交流電化はイタリアのアルプス地方の路線で実施されました。この路線の周波数は13・1/3Hzです。極数(というか、分割する角度)の切がよかった(割り切れた?)のでしょう。)②車載整流器を開発する。要するに従来の地上変電所を車両に搭載するわけです。当時、シリコン整流器はなく、真空管ですから、大変です!③既に商用周波数で商用線を運転していたフランスから技術導入する。と決めました。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事