新着情報  - News -

2022/10/03   2022年1-7月...
2022/10/03   日本の中古車輸出動...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   NESTE、出光興...
2022/10/03   古河電池 市販向け...
2022/10/03   DOWAホールディ...
2022/10/03   三井金属、2022...
2022/10/03   三菱マテ、2022...
2022/10/03   仏Solvay社、...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   住友金属鉱山:コー...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022年09月 ...
2022/10/03   2022年09月フ...
2022/10/03   2022年09月 ...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   二次電池輸出Rep...
2022/10/03   2022年9月LM...
2022/10/03   2022アジア国際...

日本の半導体業界の過去・現在・未来① 序章 日本の半導体ビジネスは衰退したのか?

2017.09.22 18:09
今から30年前、日本の半導体メーカーはその前10年で急速にシェアを伸ばし、米国、欧州の名だたる半導体メーカーと世界で対等に競争していた。その当時、日本の電機メーカーは、自社の技術力を誇示するため、バブル経済も乗って最先端の半導体事業に人と金を投資した。その結果、半導体の売上世界トップ20位以内の半分、日本電気(NEC)、東芝、日立、富士通、三菱電機、松下電器、三洋電機、沖電気、シャープ、ソニーの10社が占めたのだ。
この記事は会員限定です。お申込み確定後に続きをお読みいただけます。

今すぐ会員登録する ログイン

関連記事