新着情報  - News -

2018/09/22   中国ショック影響で欧米ア...
2018/09/22   電力取引量、84日振りに...
2018/09/22   今週の中国鋼材スプレッド...
2018/09/22   MARKET TALK(...
2018/09/21   IRRSG(10/24)...
2018/09/21   《Metal Price...
2018/09/21   《Metal Price...
2018/09/21   《Metal Price...
2018/09/21   《Metal Price...
2018/09/21   2018年1-6月の台湾...
2018/09/21   リチウム開発で先行く中国...
2018/09/21   人造黒鉛電極のサーチャー...
2018/09/21   今後のリチウムマーケット...
2018/09/21   20日の鉄鉱石:中国内と...
2018/09/21   20日の石炭:豪州炭2日...
2018/09/21   アルミナ市場近況2018...
2018/09/21   MARKET TALK(...
2018/09/21   中国黒鉛電極価格、前月比...
2018/09/21   Vanadium wat...
2018/09/21   Ni系ステンレス線材販価...

IRRSG新春記念講演会(1/29)リチウムイオンバッテリーの過去現在未来

2017.12.19 17:42

本講演会は、おかげ様で定員に達しましたので、ご案内申し上げます。

多くの方々からのご応募を頂き有難うございました。心より感謝申し上げます。

これからのお申込みにつきましては、椅子のご用意ができない可能性が高いことから、

立見席となりますが、ご参加をご希望されます方は、以下までご連絡ください。

 

IRRSG事務局 TEL:03-5847-6015 FAX:03-5847-6016   

E-Mail: info@iru-miru.com  までご連絡ください。

 

 

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

 来る1月29日(月)に「リチウムイオン電池の過去現在未来 LiB SUMMIT1」を開催することとなりました。

 

 IRRSG2018年第1回となる新春記念講演会は、話題に事欠かないリチウムイオン電池とその需要、市場について、過去現在未来を語るという趣旨のもと、リチウムイオン電池の開発者であられる旭化成名誉フェローの吉野彰先生はじめ、伝統的な自動車メーカーであるHONDA様、独立系初のEVメーカーであるFOMM様と最もリチウムイオン電池の需要が伸びる車両部門から2社、川上の資源方面ではベルギー本社からユミコア社がコバルト、ニッケル、さらには世界一の規模で処理しているリチウムイオンバッテリーのリサイクルについてもお話いただきます。

 

 迎え撃つ日本勢はコバルト、ニッケル、リサイクルで住友金属鉱山様、コバルト、リチウムについて岩谷産業様が、コバルトのサプライリスクなどについてお話いただきます。

 

 またリチウム代表では、いまや中国ナンバーツーのリチウムメーカーとなったガンフォンリチウムのコンサルタント、野見山様に注目のガンフォンリチウムの動向についてお話いただきます。

 

 以下詳細をご案内申し上げます。

 

 

【日 時】 2018年1月29日(月)14時00分~18時00分(予定)

   ※18時30分より懇親会(受付13時~)

 

【場 所】 NEC芝倶楽部

(〒108-0014 東京都港区芝5-21-7   【TEL】03-5443-1400)

 

【参加費】 1.講演会(資料含) 7,000円 (当日払 8,000円)

     2.講演会+懇親会  10,000円 (当日払 13,000円)

      ※ 懇親会のみのご出席は 5,000円(一律)

 

      お振り込み先:下記いずれかの銀行にお振込みください。

①楽天銀行 第二営業支店 (普通) 口座番号7318087

​                     アイアールユニバースカブシキガイシャ

                  ②三菱東京UFJ銀行秋葉原駅前支店(普通)口座番号3986044

  アイアールアールエスジージムキョク

 

【事前申込・振込期限】  1月26日(金)

※定員に達した場合は、別途お知らせ致します。

 

【予定プログラム】1/5時点(*講演順・タイトルは変更になる場合があります。講演約20分、質疑応答約10分)

 

1. 14 時00分~14時30分  「リチウムイオン電池の過去現在未来」(仮)

 旭化成株式会社 名誉フェロー 吉野 彰氏 基調講演

 

2. 14時35分~15時05分  「ホンダモバイルパワーパックの取組み」

 株式会社本田技術研究所R&DセンターX  執行役員 岩田 和之氏

      ​ *講演のポイント

       1.自動車産業を取り巻く環境について

       2.Well to Wheelについて

       3.ホンダの電動化技術全般について

       4.ホンダモバイルパワーパックのご紹介

 

3. 15時10分~15時40分 住友金属鉱山(株)におけるリチウムイオン電池のリサイクル技術」

 住友金属鉱山株式会社 新居浜研究所 湿式製錬開発グループ 浅野 聡氏

   

​     ​  *講演のポイント

       1.過去20年間にわたりNi,Co含有二次電池リサイクルの開発を推進

       2.車載電池ではNi-MH電池のリサイクルプロセスについて先行開発

       3.リチウムイオン電池では既存の銅-ニッケル製錬と電池製造プラントを活用してリサイクル開始

       4.車載電池リサイクルのビジネスモデルについて

 

    ―10分休憩―

 

4. 15時50分~16時20分 「Global Approach for Cobalt & Nickel

 ベルギーユミコア社 Umicore  Cobalt & Specialty Materials

 Commercial Manager Mr. Geert Hennebel

        

         ​ *講演のポイント

          1.ユミコアのxEVへの取り組み

    2.ユミコアの電池から電池への❝Closed Loop❞戦略

          3.サステイナブルなコバルト調達について

 

5. 16時25分~16時55分 「イワタニで取り扱う電池用原料について(リチウム・コバルト)」  

     岩谷産業株式会社 電子マテリアル部 電材材料課 担当部長 兼 課長 佐藤琢彦氏

     岩谷産業株式会社 電子マテリアル部 電材材料課 小菅 智之氏

 

         ​ *講演のポイント

          1.リチウム、コバルトに関する市場について

          2.イワタニの電池業界におけるプレゼンスについて

 

   ―10分休憩―

 

6. 17時05分~17時35分 「ガンフォンリチウムの動向について」(仮)

 ガンフォンリチウム コンサルタント 野見山 芳正氏

 

​          *講演のポイント

          1.ガンフォンリチウム社の事業概要

          2.リチウム1次製品(炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム金属)の生産量・投資計画

          3.リチウム資源への投資の現状と将来計画

 

 

7. 17時40分~18時10分「FOMMが目指すもの コンパクトEVが実現する社会」

 株式会社FOMM 代表取締役 鶴巻 日出夫氏

     ​ 

      *講演のポイント

       1.What is FOMM

       2.超小型(L7e)という規格

       3.プラットフォームとしての利点

       4.マイクロ・ファブの利点

 

  18時30分~懇親会

 

 

 

【会場地図】

地図

◆JR田町駅

 三田口から徒歩3分

◆都営地下鉄三田線 三田駅

 A7・A8出口から徒歩2分

 

 

IRRSG2018第1回例会申込書】

表

※事前お申込み・お振込みをご希望の方は、上記事項をご記入の上、FAXあるいはメールにてお申込ください。

 尚、必要事項を直接メールに記載の上、ご連絡いただいても構いません。

  

 IRRSG事務局 TEL:03-5847-6015 FAX:03-5847-6016   E-Mail: info@iru-miru.com

 

 

 

関連記事